こんにちは!

暑い日は、
クーラーのある部屋で、
読書に限りますww

シタッケです!

私が崇拝する、
落合陽一さんの本が、
やっと読み終えたのでご紹介します!

『デジタルネイチャー』
著者 落合陽一


IMG_1709[1]


この本は、
発売日から話題でした。

いうなれば、
「レビュー☆1つ事件」
とでも言いましょうかww
(*´Д`)

本が難しすぎて読めなく、
レビューが☆1つってのが多かったってやつww

そんな本を、
私も読んでみました!

ズバリ!

“まえがき”が難しく感じました。
落合さんの本でありがちな、
注釈の多さが、
読み慣れていない人には、
難しく感じるかもしれません。
読むスピードが遅くなってしまい、
少々疲れてしまう可能性も。。。

だ・け・ど・・

簡単な本ばっかり読んでも面白くないっ!!!

ってのが、私の第一印象ですww

とりあえず、
読み進め方のコツは、
とにかく、
“ググる”こと!!

正直、聞いたこともないような単語が
よく出てきます。

根気よく、グーグルで検索するか、
Wikipediaなどで、
調べながら、読んでいきましょう!


そうすれば、自分の身になっていくはずですよ!

そういう私も、全部読んだとはいえ、
簡単に、
この本を理解はできませんでした。


ですが、
落合陽一の考えていることや、
この先の世界のビジョン、
もちろんデジタルネイチャーについての
理解は深まりました。

もしかしたら、
この本の内容が、
理解出来るのは、
私のような一般人には、
まだまだこれからの、
未来のことなのかもしれません。

私も、
本書の内容については、
完全に理解だ出来ていないので、

感想も薄っぺらくなってしまいましたww
機会があれば、
2回3回は、今後読めたらいいのでは、、、


【まとめ】

率直な感想ですが、
内容は難しい本です。
小説とか読むのが好きな人は、
あんまり面白くないかもしれません。
(すらすらページが進まないので)

ですが、
難しい本を読むと、
知らない知識が手に入りますし、
今後、生きていくうえでの、
教養というか、
変化する時代に対応する、
心の準備みたいなのが出来ると思います。

4月くらいから表参道でやっていた、
落合さんの個展に行かれた人は、
そこでの展示品の解説もあるので、
是非、読んでみてください!

【送料無料】 デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂 / 落合陽一 【本】

価格:3,024円
(2018/8/2 22:53時点)
感想(1件)






 
スポンサードリンク