こんにちは。
シタッケです!

自身2代目のドローンを購入いたしました。

今回は買ったのは、
あのドローンでお馴染みの、
「DJI」がプロデュースのモデル、

世界一楽しいドローンを作るという、
想いを胸に設計されたもの。

『Tello(テロー)』


IMG_2181[1]


でございます(*^-^*)


価格は、お店によって若干差がありますが、
だいたい¥13,000+TAXくらいでしょう!
オプション付きなどもあり、
セットの価格になっているものもありました。


私が買ったのは、
本体+バッテリー×3+プロペラガード
のセットになります。


使ってみた率直な感想は、


「初心者に最適かも!」


これはホントです。
ドローンの価格は様々ですが、
便利になるほど高くなっていきます!

数十万なんてのもあります。
趣味とは言え、
5~6万円でもなかなか手が出ませんww


かといって、
私が以前買った¥3,000くらいのモデルは、
操作も難しく、カメラは付いていません。
購入した時の記事は 
↓↓↓
こちら

もちろん操縦する楽しさはあるのだけれど、
やっぱり撮影とかしたい!
って感じでした。


で・す・が・・・

この「Tello」は、

安価で、
簡単な操作性
さらにカメラ付きという

ドローンを楽しむ要素が、
全て入っています。


もちろん、
規制対象外である200gより軽いです。
約80g(バッテリー含む)なんです!

早速、広場にてプレイしてみました(*^-^*)


IMG_2187[1]


「Tello」の操作は、
スマートフォンとBluetoothでつなぎ行います。
つまり、スマホがプロポの役割になるわけです。
ちなみに別売りで、
スマホと取り付けるコントローラーのようなものもあるみたい。
(たぶんこっちのが操作しやすいでしょう)


画面があると結構便利で、
風の強さなども表示されますので分かりやすい!
ホバリング(空中で安定させること)も簡単です。
というかほぼ自動です。

車で言ったらオートマ車って感じでしょうか。

バッテリーの持ち時間は、
約13分と言われています。

一応バッテリーは3つ用意しましたが、
2つくらいあれば十分な気もします。。

お次は、
カメラの出番です!
ドローンのカメラって結構画素が良くて、
なんと、500万画素。
最近は4Kとかもあるみたいなんですが、
スマホで見たり、
友達と共有するといった、
趣味の範囲であれば十分でしょう(*^-^*)

飛行が安定しているので、
カメラの撮影もしやすく、
スマホの操作で、
簡単にシャッターもきれます。


こんな感じで撮れます!

PCYG2216[1]


これがあればめちゃくちゃ楽しめますよ!


褒めまくっても、
なんかセールスマンみたいなので、
個人的に感じたデメリットも書きましょう。

カメラが固定です。
つまり、上空から見下ろしたような画像が撮影できません。

価格的には、しょうがないのかもしれません。

お次は、やっぱり風に弱いwww
これはもう仕方ないのか。。。
でも、以前買ったトイドローンよりも風に流されなくなった気がします!


画素数のせいか、動画は、
やや粗くなってしまうかもしれません。
ドローン購入にあたっては、
動画メインなのか、
静止画メインなのか、
最初にざっくりと決めておくのもいいかもしれません。
やっぱり、
飛行はそこそこ安定するのですが、
弱風での動画撮影は、
やっぱり難しく感じました!
(1/5追加)

仕事とかで使う人は、
また別な話になると思いますが、
趣味の観点で見ればかなり優秀だと感じました。


【まとめ】
・最初に買うドローンで迷ったらTelloはオススメ。
・価格的に見ても買って損はしないはず。
・ラジコンみたいに操作したい人には少し物足りません。
・予備のバッテリーがあれば安心。
・趣味の範囲であれば、500万画素でも平気。
・仕事にするならもっと高性能なものを選んで、
プロっぽい画が必要かと。。。


みんなでドローン飛ばして遊びましょう(*^-^*)
気づいたことなどは、
定期的に書きこんで、
この記事をアップデートしていきます。
更新するんでよろしくお願いします。


Tello Boost コンボ(損害賠償保険付)

価格:13,500円
(2018/12/21 13:23時点)
感想(0件)





 
スポンサードリンク