どーも、
シタッケです!


私が使っているトイドローンの
「Tello」には、
アクロバットな飛行が簡単に出来てしまう、
“フライトモード”っていうのがあるのですが、
早速使ってみたので、
レビュー書きますね!

『Telloのフライトモードについて』

IMG_2229[1]


普段は、
写真撮影をメインに使っておりますが、
ドローンの動きの面白さを確認したくて、
“フライトモード”っていうのを使ってみました。

IMG_E2384[1]


フライトモードを簡単に説明すると、

ドローンの一発芸って感じでしょうかww

ボタン一つで
決まった動きをしてくれるやつです。

パターンは、全部で6種類あります。

・Thow&GO
機体をトスすると、その場でホバリング。

・8D Flips
画面上で8方向にスワイプすると、その方向に宙返り。

・Bounce
0.5~1.2mの間をバウンスしながら自動飛行。

・Circle
円を描きながら、ショートムービーを撮影。

・360
その場で360°回転しながら、ショートムービーを撮影。

・Up&Away
後方に上昇しながら、ショートムービーをを撮影。

以上になります。

大きく分けると、撮影系と
アクション系の2つに分かられますね。

使った感想は、

正直いらねwww
(*´Д`)

宙返りとかするのは、
最初は感動しましたが、
ボタン一つで簡単に出来てしまいすぎて
見なれると面白いものではありませんww

撮影系の3種類は
かろうじて使える感じはしますが、
正直、自分で操作できるので。。。。
ドローンの操作が苦手な人は、
使えるかもしれません。

私が考える使い道としては、
おそらく、
始めての人にドローンを見せる時。
ではないでしょうか??

たぶんドローンを初めてみる人にはウケがいいと思います。
軽く自慢してやりましょうww


【まとめ】
トイドローンの「Tello」はかなり優秀です。
そのドローンの1つの機能である、
“フライトモード”について解説しました。
実用性がある機能ではありませんが、
ボタン一つで自動で動くなんて、
とってもすごいですよね。

このフライトモードが役に立つときは、
ドローンをみんなに自慢する時でしょうかね~
ドローン仲間を増やしたいときとかに、
役に立つかもしれませんww

そして、ドローンの操作が苦手な人は、
是非ご活用ください(^^♪

新発売 Ryze Tech Tello Powered by DJI

価格:12,800円
(2019/1/24 22:29時点)
感想(18件)







 
スポンサードリンク