どーも、
シタッケです!

1月25日に発売したばかりのゲームをプレイしたので、
早速レビュー書きます!

『BIOHAZARD RE:2』

IMG_2385[1]


このゲームは、
1998年に、
当時のPlaystation1から発売された、
「BIOHAZARD2」から、
21年の時を経て、
リメイク版として発売されました。
私も、子供のころにやっていましたww

リメイク版とは言いつつも、
現在はPlaystation4なので、
リアルさは比べ物になりませんwww

IMG_2386[1]
こんな感じです!
写真じゃ伝わりづらいですがww

ってことで、
早速プレイしてみたレビューを書こうと思います。

とりあえず、
ストーリーは、ほとんど同じのようなので、
変わったとこから解説します!

と言ってもストーリーは意外と
覚えてないものですww


・リアルさが半端ない!

前の映像と違い、ほとんど映画の世界!
逆にリアルすぎて、
どこに進んでいいか分からないくらいww
ゾンビも迫力が増していますww
武器である、コンバットナイフも、
ゾンビに刺したら、
わざわざ抜きに行かなければならないという、
リアルさです。
ここは若干面倒くさいww


・恐怖感が格段にアップ

これは、前と一緒ですが、
このゲームは、ほとんどBGMがありません!
なので扉の開く音や、
床がきしむ音、窓が割れる音で恐怖感が高まります!

さらに、今回から、

“コントローラーから音出ます”

これにはさすがにビビりました(*´Д`)
カギ開ける時とかに音出るんで
お気をつけください!


・インクリボン無しでセーブできる!

これは良いとこです!
バイオハザードのセーブポイントは、
タイプライターってのは皆さんご存知かと。。
つまり、インクリボンってアイテムがないと、
セーブできなかったのですが、
今回はこれが改善されて、
タイプライターさえ発見できれば、
いつでもセーブが可能になりました!


【まとめ】
1998年のオリジナル版をプレイしている人は、
格段にレベルアップしたリアリティに驚いてしまうでしょう。
ただ、プレイした印象では、
違うゲームをプレイしているようでした!

逆にプレイしていない方は、
新鮮な気持ちでストーリーを楽しんでください!
ガンアクションが苦手な人でも、
簡単にプレイできる設定がいくつかありますので、
楽しんでストーリーを味わえるはずです。

やはり、バイオハザードは、
大人でも楽しめるゲームで、
一人でやってもみんなでやっても
楽しめると思います。

個人的には一人で、
部屋を薄暗くしてのプレイがオススメです(^^♪

【封入特典付】【PS4】BIOHAZARD RE:2 Z Version 通常版(CERO:Z) カプコン [PLJM-16287 PS4 バイオハザードRE2Z ツウジョウ]

価格:7,413円
(2019/1/27 00:27時点)
感想(1件)





 
スポンサードリンク