どーも、
シタッケでございます!

今回は、
愛用のドローンの、
Telloが故障してしまったのかもしれないって話を!

IMG_2287[1]


タイトルで分かるとは思いますが、
結果的には故障なんてしていませんでしたww


とある休日、
海沿い(まあまあ風吹いている)とこで、
ドローン飛ばしてたわけなんですよ!

最初の方は、
いつも通り普通に飛んでたわけなんですよ!

そしたら、急に風が強くなり、
ドローンが飛んでってしまいそうになったんで、
慌てて強引に下降させました。
通常は着陸ボタン押すんだけど、
その時は、コントローラーの下ボタン押して、
着陸させたんです。
やや乱暴な着陸。。。。

そして、次に飛ばそうとしたら、
全くプロペラが回らない。。。。。

以下の点は確認しました。

・残り電池量
(一応新しいのに交換しました)
・スマホとのWIFI状態
・コントローラーとのBluetooth状態


特に異常はないのですが、
まったく動かなくなってしまったのです。

その時、
故障について調べたんですが、
色々な故障があるようです。

・コントロール不能で、
上昇し続けてしまう
オーバーヒート

・本体の温度が高くなってしまい、
電源が自動でOFFになる

・アップデートが完了していないと
飛行しない


などなど、
調べると沢山故障の原因があり、
怖くなってきちゃいます(*´Д`)
また、修理も海外メーカーなので、
時間がかかり、
なかなか面倒くさそう。。。


Amazonで
もう一機買ってやろうかなと
頭をよぎった時に、
ダメもとでもう一度飛ばしてみようと思い、
操作したところ、
今までピクリとも動かなかったドローンが、
正常に動き始めました( ゚Д゚)

。。。今までのは何だったんだ。。。。

つまり故障かと思いましたが、
故障してなかったってしょうもないオチになってしまいました。

ちなみに、
寒かったせいか、
明らかにバッテリーの減りが早かったです!
5分くらいか持ちませんでした。

ちなみにバッテリー残が50%を下回ると、
Telloのドローン一発芸である、
“フライトモード”が出来なくなるので
ご注意ください!!!

夕方くらいの寒い時間は、
バッテリーの減り具合も気にした方がよさそうです。


【まとめ】
突然の動作不良のおかげで、
いろんな故障があることを知り、
とても為になりました!
故障のリスクも考えながら、
飛ばすことも大事だと感じました。

皆さんも自分のドローンの故障について
調べてみても良いかもしれません!
かなりテンション下がりますが、、、

最後まで読んでいただきありがとうございました!

DJI Tello フルコンボ ドローン Ryze 航空法規制外 スターターキット GameSir T1d Controller 専用コントローラー TELLO専用ケース 収納ケース

価格:18,000円
(2019/1/30 21:49時点)
感想(1件)



 
スポンサードリンク