どーも、
シタッケです!

最近ドローンで撮影しようと思う日が、
だいたい雨で、
ストレスが溜まっています( ゚Д゚)

そこで、
愛用しているトイドローンの
“Tello”を使ってとある実験をしてみたので報告します。

実は、
私の持っている、
360°カメラをドローンにくっつけて、
空撮が出来るのか気になったのでトライしてみました。

『トイドローンの“Tello”は、
360°カメラを乗せて飛ばせるか?』


まずは、
用意した道具をご紹介。


IMG_2671[1]


・トイドローンの“Tello”(80g)

・360°カメラの“THETA SC”(100g)

・接続用のネジ(30g)

・接続用の結束バンド(-g)


以上です。

とりあえずドローンにカメラを装着しました。
意外と、結束バンドって使えるんですよ!
この前、秋葉原で1本10円で売ってました!
ちなみに、ネジの部分は、
昔に電気屋のおじさんが特別にタダでくれましたww

IMG_2670[1]


しかし、
この時点で、
トータル200gを超えてしまっているので、
外で飛ばすのは難しそうですね。。。
接合部分のネジをもっと軽くすれば200g以下に出来そうです。

では、
早速ドローンが、
カメラとネジを合わせて、
約130gの重量を乗せて飛行できるかやってみましょう。

電源を入れ勢いよくプロペラが回りましたが、
1㎜も飛行しません( ゚Д゚)
画面にはエラーの表示。
これ以上やるとなんか壊れそうなので、
しょうがなく中止です!


それなら、
何gなら乗せて飛べるのか??
この疑問を解決しようかと思います。

ってなわけで、
カメラを外して、
30gのネジのみで飛行させてみました。

結果は、、、、、飛びましたよ!

しかし、
機体がふらつき、
安定しません!
何とか飛びはしましたが、
なんともドローンに申し訳けないような。。。。

でも、飛ばないわけではなかったわけですね。


【まとめ】
トイドローンにて、
360°カメラを付けて飛ばし、
見たことのないような写真や映像を撮るという目的は、
果たせませんでした。
結果的には失敗でした。

そして、トイドローンのTelloは、
約30gのものなら飛ばすことが出来ましたが、
部屋で実験しました。
これが外なら風の影響もあったと思うので、
かなり飛行が不安定になったと予測されます。

つまり、
トイドローンのTelloには何も乗せずに
飛ばすのがオススメ!
というあんまり面白くない結果に終わりました。

10g程度の装飾とかなら問題なさそうです!


皆さんも、
Telloに何か乗せる際は、
是非参考にしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

DJI Tello フルコンボ ドローン Ryze 航空法規制外 スターターキット GameSir T1d Controller 専用コントローラー TELLO専用ケース 収納ケース

価格:18,000円
(2019/2/27 23:16時点)
感想(1件)



【値下げしました!】 RICOH/リコー RICOH THETA SC(ブルー) +TS-1(ホワイト) ソフトケース 【thetascset】

価格:23,328円
(2019/2/27 23:17時点)
感想(0件)




 
スポンサードリンク