どーも、
シタッケです!


今回はちょっとした、
想いを書きます。
日記のような感じになってしまうでしょうww

なので、共感したり、
納得したりしてもらえると
嬉しいのであります。

じゃあ本題に入るね!

本を読んでいる人を
褒めてくれる人って
最近多いんですよ!
「本読んでるの?偉いね!」
みたいな感じで!

それってなんか得してるなーって思うのですww

僕は本読んでる人は、
色々とお話したいなとは、
思うのですが、
偉いなとは思いません。

だって、好きで読んでいるだけだから。

つまり、
結構な確立で、
趣味で本を読んでいるだけなのに、
偉いと思われ得をしてしまう、
可能性が、
世の中にあるということです。

個人的にはラッキーって感じなんです。

私の周りにも、
本を読めない人、
つまり、本を読むことが出来ない人っているんですよね。

でも、本を読むのが好きな人からすると、
ただの娯楽で、小説など読んでいることもあるので、
偉くもなんともないものです。
マンガ読んでいる人に、
本読んで偉いねなんていう人はいないわけですが、
一応マンガも本ですよねwww

つまり、
褒めてくれる人は、
活字を読むことに
真面目さや偉さを感じるのかもしれません。


本を読むのは偉いことでもなんでもないのだけれど、
読んでいて褒められるのは、
悪い気分にはなりません。

でも、褒めてくれるなら、
一緒に本読もうよ!って思っちゃうのです。

まとめると、
本を読むことを好きになり、
趣味とすれば、
なんか知らないけど、
周りの人に褒められるよってこと。
さらに、
本(活字)が読めない人が得られる情報は、
視ることか、聞くことがメインになるはずなので、
結構損してしまっている可能性が高いのです。

本から得ることのできる情報は、
かなり多いし、
自分から情報を摂取しようって姿勢があるので、
記憶にも残りやすいのです。

なので皆さん沢山本を読もうってのが、
私の伝えたいこと!!


現場からは以上ですww

 
スポンサードリンク