こんにちは、

仕事場が海に近いので、
夏になる前に、
既に日焼けで真っ黒になってしまいました。
寝る前には、
肌のケアとして、
パックをしています。

どーも、シタッケです。

最近、
スケートボードをしていて、
そろそろスケートシューズを
買い換えようと思っています。

買い換える時に悩んでしまうことは、

「もし、足に合わなかったらどーしよ??」

なんて考える人も多いと思います。
私も同じです。

値段よりもかっこよさよりも、
履き心地が気になってしまう年頃なんです。

そこで、
100%解決ってわけにはいかないのですが、
少々の解決策になるアイテムがあるので、
ご紹介させてください(^_^)

詳しく解説している他のブログも沢山あるのですが、
分かりやすさ重視の、
簡単な説明でいきます。
文字を読むのが苦手なスケーターも多いと思うのでww

『FPインソール』
(フットプリントインソール)


IMG_2950[1]

IMG_2951[1]


このインソールの特徴は、
最初、売られている時は硬いのですが、
シューズに入れ、履いているうちに、
だんだん柔らかくなってきて、
足に馴染んでくるという代物です。

個人的にオススメする最大の理由は、
このインソールさえ入れてしまえば、

大体のスケートシューズの履き心地が、
似たような感じにできるからです。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、
スケートシューズの履きごごちで迷ってしまう人には、
必見だと思います。

プルプルの柔らかいインソールというよりは、
低反発素材のようなインソールです。

しかも、
インソールなんですが、
グラフィックもカッコよく描かれていますので、
シューズを脱いだ時にさりげなく見えるのもイイですね。

FPインソールはレンジで熱成形出来るようなモデルも
リリースされていますが、
ここでは、紹介を省きますね。
(少々高価で使ったことがないので、、、)

スタンダードの種類としては、
厚さの違いが3種類あります。

・3mm
・5mm
・7mm


3mm以外は使用してみましたが、
あんまりよく違いが分かりませんでしたww

おそらくインソールを入れると、
シューズのサイズ感が変わるので、
そこを考慮して厚さを選ぶのが良いかと思います。

ライダーのシグネチャーモデルも
沢山の出ていますので、
選びごたえもありますねー。

アディダスのライダーが多く所属している気がするのですが
気のせいでしょうかwww

ちなみに、
FPインソールのCMでは、
NIKE SBのZOOM AIRのインソールと、
衝撃吸収を比較しているのだ。

FPインソールは、
NIKE SBよりも衝撃吸収性で優れていることを
証明している。

個人的に感じるのは、
NIKE SBのZOOM AIRは反発性を重視しているから、
衝撃吸収性は勝って当たり前なのではないかと、
少し疑問に思ってしまいました。

【まとめ】
スケートシューズの履きごごちで、
何を買おうか迷ってしまっている人は、
このインソールに頼ってみましょう。
メリットは、

・色んなシューズの履き心地を似せることが出来る。
・もちろんクッション性アップ
・グラフィック入りなのでさりげなくオシャレ
・ハマればFPインソール中毒にww


是非使ってみてください(^。^)

メール便 FP インソール フットプリント 5mm JOEY BREZINKSI BURRITO 衝撃吸収 スケートボード スノーボード 中敷き スニーカー スケボー 代引き送料別

価格:3,690円
(2019/5/18 21:57時点)
感想(0件)



 
スポンサードリンク