街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

2019年10月

こんにちは‼︎
シタッケです‼︎

ストロングゼロを飲むと、
高確率で寝る前の記憶だけなくなる現象に、
名前をつけたいです。。。

気がつけば10月もそろそろ終わりのこのタイミングで、
個人的に気に入っていたアニメが、
とある疑惑で問題作になっているので、
ご紹介します。
といってもまだ2話しか放送されてません。

『星合の空』

IMG_3320[1]


まずは、
とある疑惑の前に、
内容と私が気に入ったポイントから。

一見すると、転校生が、
弱小男子ソフトテニス部に入り、
だんだん強くなっていく青春もののように感じます。
転校生はソフトテニス未経験なんですが、
物分かりのいい性格なので、
教わったことをどんどんこなして、
そこそこ上手なわけです。

それだけでもまあまあ面白いのだけれど、
登場人物には何やら闇が存在しているみたいなんです。
おそらくこれからその闇的なものが明らかになっていく
のだと思います。
なんてったって初回から主人公は 、
父親から虐待されてますからね。

まとめると、
弱小男子ソフトテニス部の今後の発展を見守りつつ、
登場人物にまつわる過去などの闇の部分が明らかになるのを鑑賞するのが、
このアニメの楽しみではないでしょうか??

そして、
第2話放送終了後に事件発生です。。
なんと、第2話のエンディングで、
キャラクターがダンスをしているのですが、
そのダンスの振り付けの盗作疑惑が浮上しました。

個人的にもチェックしましたが、
盗作感は否めないですね。。。
現在、事実確認中のようで、
これからどうなってしまうのか心配です。

ちなみに、そのエンディングは、
盗作疑惑があるものの、
とってもいい感じでしたので、
ぜひ観てもらいたいです。

もしかしたら次回から、
エンディングが変わってしまう可能性も高いので、
要チェックです。

そんなこんなで、
ある意味、今話題のアニメを紹介させていただきました。
エンディングはともかく、
内容はとっても面白いので、
かなりオススメです。

そういえば、
そろそろ第3話が放送になるはずですww

最後まで読んでいただきありがとうございました。 

こんにちは。
シタッケです。

ハーフパンツにパーカーを着るという、
季節の変わり目的なファッションが大好きですww

只今、本屋さんに行くと、
これでもかという具合にてんこ盛りで売られている本を読んだので、
書評を書きます。

『恋のゴンドラ』
著者 東野圭吾


IMG_3311[1]


大人気作家の東野圭吾さんの作品なんで、
本屋さんでてんこ盛りだったんですね‼︎

お恥ずかしながら東野圭吾さんの作品を読みのは
初めてなんです。

さーて内容はというと、
題名通りで、
スノーボーダー達が巻き起こす、
ゲレンデでの複雑な恋愛模様といった感じです。
ピュアな恋愛ではなく、
浮気やら不倫やらの、
ドロドロでドキドキな感じです。

東野圭吾さんは自腹でスノーボードの大会を開催する程の
スノーボードと関係の深いお方。
この小説のスノーボードをやったことない人だと、
やや専門用語的なのが多いので、
スノーボードをやっている人は、
かなり読みやすく共感出来ると思います。

スノーボードやったことない人は、
実際に体験してから読むと、
面白さ倍増するはずです。
もしくは、
読んだ後に実際に滑りに行くのもいいかもしれません。

ゲレンデでの出会いを求め、
浮気やら不倫をバレないように、
あの手この手を駆使する男達の
バレるかバレないかのドキドキ感が、
一冊丸ごとって感じです。

最後にはちゃんとオチもあって、
だんだん読むスピードが上がっていっちゃいます。

登場人物がまあまあ多く、
人間関係もやや複雑なので、
小説を読み慣れていない人は、
登場人物を整理しながらゆっくり読むのもいいかもしれません。

一見バラバラな人間達が最後の方には、
みんなが繋がっていく構成は、
さすが人気の作家さんだなと、、、、

【まとめ】

もう一度書きますが、
専門用語など随所に出てくるので、
スノーボード未経験者は少々読むのに苦戦するかもしれません。
スノーボード経験者は読んで共感、
未経験者はこの本きっかけにスノーボードを始めてみるか、
スノーボードを体験してみてから読むことをオススメします。

ムラサキスポーツとコラボだったり、
リフト券プレゼントなど、
いろんなキャンペーンもやってるみたいですよ‼︎

文庫 恋のゴンドラ (実業之日本社文庫) [ 東野 圭吾 ]

価格:733円
(2019/10/17 21:13時点)
感想(3件)




 

こんにちは。

シタッケです。

最近、Twitterにて、
デーブスペクターのダジャレツイートに
ハマっています。

この季節の変わり目である10月といえば、
新アニメが色々と始まる時期ですね。
そこで早速、第一話から私のツボにハマってしまった、
面白いアニメをご紹介します。

デーブスペクターのダジャレより、
面白いこと間違いなしですww

『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』

IMG_3286[1]



最近ではかなり増えてきた、
異世界転生モノになります。

簡単にあらすじを説明すると、
Sランクのハードモードな世界の救済をしなくてはならなくなった、
異世界の女神リスタルテ(可愛い)。
ペアになる勇者である、
竜宮院聖哉(イケメン)を召喚した。
彼はチート級のステータスの持ち主なのだが、
めちゃくちゃ慎重な性格だった。
そして二人は世界の救済しに旅にでる。。。

とまあ、
ありがちなストーリーなのだが、
とっても面白い。

【面白さまとめ】

○勇者が慎重すぎる
タイトルにもある通り、
勇者が慎重すぎるのである。
冒険に出るまでたくさんレベル上げしたり、
装備品である鎧を予備用も含め3つも買おうとするし、
挙句の果てには、
弱小スライムに必殺技を連発したりと、
とっても慎重なのが面白い。

○女神がツッコミ役
女神であるリスタルテ(CV豊崎愛生)が、
慎重すぎる勇者に対し、
猛烈なツッコミをしまくります。
そうです。
少し真面目な話かと思えば、
ギャグアニメだったのですww
可愛いキャラもツッコミという、
今まであったのか無かったのかよくわからない設定が、
何ともいえません。


原作を知らない私としては、
今後どんな展開になるのか予想が出来ないのですが、
面白くなっていくことを期待して
見ていこうと思っております。

少なくとも、
第一話はかなり面白かったので
みんな見てーー‼︎

【早期予約特典】慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~Vol.1(女神リスタの“駄”ブルポケットクリアファイル付き)【Blu-ray】 [ 梅原裕一郎 ]

価格:13,585円
(2019/10/6 22:00時点)
感想(0件)




 

こんにちは‼︎
シタッケです。

毎朝見る「林先生の言葉検定」の答えの選択肢が、
そろそろ緑色であってほしいですww
番組内では「緑のボケ」と呼ばれているそう。

分かる人だけ共感してくださいww

さて、本題に入りますと、
先日からプレイしているゲーム、
「ファイナルファンタジーⅧリマスター版」(以下FFⅧ)
をやりながら、
正々堂々と戦わず、頭を使いながら攻略していくやり方が、
人生に役立つかも。といった思いつきから、
この文章を書いています。

さて色んなゲームをやってきましたが、
このFFⅧには他のゲームと違う特徴があります。
それは、
“レベルを上げてはいけないこと”
レベルを上げてしまうと敵も強くなり、
圧倒的に戦いで不利になってしまうのです。

つまり経験値を稼がないわけ。

でもでもレベルが低くても強くする方法があります。
それは、魔法とアビリティを装備出来ること。

いかに敵と戦わず(経験値を稼がずに)、
アビリティや魔法で強くなり(工夫を凝らし)、
ゲームを攻略していくかが、
FFⅧの醍醐味ではないでしょうか??

実際の社会でもあんまり戦いや争いはない方が平和ですよね??
そんな平和的な進め方がこのFFⅧで学ぶことができると思います。

【まとめ】

FFⅧでは戦わずにストーリーを攻略。
攻略方法はいかに工夫して強い魔法を装備出来るかと、
アビリティを装備するか!

社会でも無駄な争いはなるべく減らす。
そして、自分を強くするために、
アビリティ(趣味や特技)を身につける。
そこには効率の良さをもとめる必要があります。

ただ、現実世界では、
経験値はとても大事なので、
いろんなイベントや出来事などを通して
経験値を獲得しよう。

そうすれば、
レベルが低くても、
うまいこと人生を攻略できるかもしれません!


そんなこんなで、
ファイナルファンタジーⅧの攻略法を、
無理やり人生の攻略法と結び付けてみました。

楽しくゲームをやると同時に、
いろいろ学んで、
人生も楽しく攻略出来たら
とても嬉しくおもいます!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

こんにちは。
シタッケです。

最近、ゲーム用にゲーミングチェアが欲しくなったので、
色んなお店を試座しに巡っています。
そうです。。試座って言葉使いたかっただけです。。
すいません。。。

先日、Steamでゲームがたくさん入手出来ること知って、
PCにてゲームをやり始めています。

始めた事については
こちら↓ 
 『Steamでゲームやるぞ‼︎今更だけど。。。。』

さて始めたゲームは、
「ファイナルファンタジーⅧリマスター版」
オリジナルが発売したのは1999年なので、
およそ20年前の作品になります。

IMG_3266[1]


当時は子供だったので、
内容を楽しむよりもボスを倒す事に熱中していました。
しかしながら、
大人になり、ストーリーを理解しながらプレイすると、
なかなか素敵なゲームである事に気づきました。

ちなみにリマスター版になり、
変わったところは、

・キャラクターが綺麗になった
当時はプレイステーション1でしたので、
3Dでスゲーって感じでしたが、
それは昔の話。
今の技術では登場人物がより鮮明になります。
尚、周りの風景などはあまり当時と変わらない気がします。

・バトルサポートあり
このゲームはレベル上げをすると、
敵の同時に強くなってしまうので、
攻略が難しくなるという何とも意地悪かつ、
攻略しがいのある特殊な内容です。
よって、何も知らないでプレイする人は、
とんでもなく難しいゲームになってしまいます。
そこでこの機能の登場。
ボタン一つで、
体力が全回復し(攻撃受けても減らない)
必殺技が出せる状態になります。
これを使いすぎるとあまりにも簡単に攻略できてしまうので、
オススメはしません。
バトルが嫌いだけど、ストーリーを楽しみたい人にはいいかもです。

・スピード3倍
キャラクターの歩く速度などが、
全て早くなります。
時間がない人や、早くプレイしたい人にはいいシステムですね。
ただ、狭い通路など通るときのコントロールがしずらく、
たまにイライラします。

・エンカウントなし
エンカウントとは敵と遭遇してバトルになる事。
つまり敵と戦わなてすむ機能です。
(イベント上の強制バトルは回避不可)
先ほども説明しましたが、
このゲームはレベル上げ厳禁なので、
こちらもとてもいい機能ですね。



ちなみに、
ポケットステーション(知らない人は調べてみてww)
の「おでかけチョコボ」は出来ませんww

以上のリマスター版の機能を駆使しながら、
日々攻略をしていたら、

色々と社会で役立ちそうな教えや気づきが
たくさん感じることが出来ましたので、
また後日ブログに書こうと思います笑

当時、
ファイナルファンタジーⅧにハマっていた人は、
ぜひ20年越しのプレイを楽しんでいただきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^▽^*)

 

↑このページのトップヘ