独り言を書きますね。

お題は
『人をサポートすること』について。
私の解釈では
“サポート=応援や支援”
とさせていただきます。


一般的にはスポンサーとかって言いますかね。
今回はこのスポンサーという言葉をメインで扱いますね。
なので、
重い荷物を持ったおばあちゃんをサポートする。
という使い方ではなく、
〇〇会社が〇〇選手をサポートする。
といった使い方のサポートについてです。

とは言え、
私はスポンサーなど全く受けたことのない、
一般な普通の男なので、
読んでいてムカついた人には先に謝罪します。
ごめんなさい。。

このスポンサー(サポート)を具体的に言うと、

団体、個人、スポーツのチーム、イベント、施設、番組などに対し、広告やPRを目的に金銭を支出する団体あるいは個人、すなわち広告主である。

ウィキペディアさんありがとね‼︎

ここで独り言のメインは、

個人と広告主の関係です‼︎
(これは独り言なのか??)

この関係において私の感じたことを書かせてください。
特にサポートされる若い個人についてです。

ではサポートする広告主とサポートされる個人の、
メリットとデメリットを私なりにまとめます。
他にもあたら教えてね。

〈広告主〉
○メリット
・個人の活躍次第では絶大なる広告効果を手に入れることが出来、提供するサービスでの利益を得ることが出来る。
●デメリット
・個人に提供する金銭または物品を提供するコストがかかる。
・個人が世間に悪い印象を与えてしまった場合、広告主も悪い印象になってしまうリスクもある。

〈個人〉
○メリット
・金銭または物品もしくはサービスの提供により経済的な不満を解消し自らの専門分野に専念できる。
・自分のステータスになり、周囲からの尊敬などに繋がる。(多分)
・モチベーションの向上になる。
●デメリット
・広告主のイメージを損ねないような行いを心がけなくてはならない。(看板を背負うってこと)
※看板を背負えるのはメリットかもしれませんが近年はデメリットのように感じますのでこっち側。
・スポーツ選手の場合は大怪我のリスクが大きい。
・心からオススメ出来ない物品やサービスの提供を受けて嫌になってしまう。


っとまあこんな感じですかね。。。
もう一度言いますが、
私はスポンサーなど全く受けたことのない、
一般な普通の男なので、
読んでいてムカついた人には謝罪します。
ごめんなさい。。

書いていて気づいたのですが、
「広告主のメリット少なくないですか?」

少ないですよね。。。

そろそろまとめますね。
(えっ、いきなりまとめ??ww)

広告主のメリットが少ない中、
個人でサポートをされるにはどうすればいいのか?
もちろん、その業界での圧倒的な実力があればいいと思うのですが、
なかなかそうもうまくいかないよね。。
だったら、
応援したくなるような人間になることが大事‼︎って私は思うわけ。
であれば、
サポートする側とされる側の関係がよりよくなるんじゃねーか。

続きは、
いいねの数が多ければで書こうかな〜
(もったいぶんねーで今度書け‼︎怒)

ってのは冗談で、
また今度書きますね〜

感想や文句(ご指摘)あれば教えてください‼︎
コロコロ意見が変わる私なので、
場合によっては書き直したり修正したりします。笑

 
スポンサードリンク