街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

アニメ

こんにちは。
シタッケです。

「デリカシーないね」とはよく言うものの、
「デリカシーあるね」とはあんまり言わないことに気がつきました。

さて、
この時期といえば、
今期のアニメが続々と最終回を迎える時期ですよね。

最初は面白いけど、
だんだんつまらなくなってきて観なくなってしまうアニメも多いはず。
そんな中でも気持ちよく最終回を迎えて、
個人的に面白かったアニメをご紹介します。

『空挺ドラゴンズ』
IMG_3602



前にも紹介したのですが、
とっても面白く、
最終回まで良かったです。

何が面白かったって??

・ドラゴンを狩るというそもそもの設定がそそられる。
・とったドラゴンをちゃんと料理して食べる。
・とにかくドラゴンが綺麗で素敵。
・空挺の乗組員たちの絆がアツい。

ざっとですが、
以上のようなところが見所だと思ってます。

そして、
このアニメはなんと言っても、

ジブリっぽいんです。

個人的にもジブリっぽいなと感じましたが、
とってもいい意味で捉えてます。
ジブリの要素をうまく落とし込んでいるような感じっす。

ネットでは、
「ジブリのパクリ」とか、
色々と悪口も書かれているようですが、
パクリというよりは、
強く影響を受けていると感じます。

世の中にはたくさんの作品があって、
それをたくさんインプットして、
マネができるようになり、
そしてオリジナルの作品が生まれるはずです。

これを転用するなら、
たくさんのインプットをして、
自分の武器を増やすことも大事だと思いました。

結果的にこのアニメは、
ジブリっぽいが故に、
ジブリ好きが観たら楽しめると思います。
あんまりジブリが好きじゃない人はいないよね?

なのでジブリと比べたりせず、
純粋に作品を観ると良いかもしれません(^。^)
是非、観てみてね★

【在庫あり/即出荷可】【新品】空挺ドラゴンズ (1-8巻 最新刊) 全巻セット

価格:5,465円
(2020/3/27 15:45時点)
感想(0件)


 

こんにちは‼︎
シタッケです‼︎

とにかく“調べる癖”をつけることは大切で、
逆を言うなら“すぐ人に聞くのが癖”な人は、
気をつけた方がいいかもしれません。

そんなことよりも、
私は1986年生まれなんですが、
この世代にドンピシャな映画を観てきましたよ。

『デジモンアドベンチャー〜絆〜』 

IMG_3665


ちょうど私たちが小学生くらいの時に流行した、
デジモンがずいぶんな年月を経て映画化したのです。

当時のアニメでは、
主人公は子供だったのですが、
その子たちが成長して大人(大学生くらい)になった世界線の物語です。


当時は、子供には無限の可能性があるとして、
選ばれた子供たちがデジモンとペアになり戦う内容でしたが、
大人になってしまうとデジモンと別れなくてはならなくなるのです。
遠回りに大人には無限の可能性がなくなってきているとも解釈できます。
(そりゃそーなんだけど辛い解釈)

そんなこんなでストーリーは単純なんだけど、
デジモンとの別れのシーンは泣いちゃうわけなんです。

面白い映画だったと思うのですが、
ここで疑問がいくつか浮上しました。
少々お付き合いください。

・この映画のメインターゲットは?
自称デジモン世代の私ですが、
子供の頃にみたアニメのデジモンをなんとなく思い出しながら映画を観ていました。
でもでも今の子供はデジモンを知っているだろうか?
個人的に感じるのは、
デジモンを子供の時に知ってそのまま大人になった人で、
尚且つ、アニメに興味がある人がターゲットなんじゃないかな。
(私のことですww)
さらに過去のアニメの内容を知らないと、
おそらく全く面白さが伝わらない可能性があります。
つまりは一見さんお断り状態ですね。
軽く、過去の回想シーンとかがもっと多い方が良かったのではないのかと思ってしまうほど。


・映画の告知は?
この映画の公開を知ったのは、
別の映画を観に行った際の予告編でした。
その後にTwitterで軽く目にする程度。
公開前にテレビで再放送するとか、
ネット配信とかで過去のアニメなどを放送すれば、
もっと話題になったのではないのだろうかと不思議に思いました。
ここは結構疑問です。


直接映画には関係ないけど、
観終わった後に気になりましたのでブログに書こうと思いました。


【まとめ】
自称デジモン世代の私は、
かなり楽しむことができた映画でした。
懐かしさが溢れ出しましたww
これから観ようと思っている人は、
過去のアニメを少し復習しておいた方が、
より楽しめると思います。
映画館では一人で来ている女性も多くいて、
デジモンは意外にも女性人気もあるんだなーと、
少々不思議でした。

とにかく最後は感動しますよ〜‼︎

 

こんにちは。
シタッケです。


今更なんですが、
このアニメをご紹介します。

『甲鉄城のカバネリ』

IMG_3655


物語は昔の日本の江戸時代っぽい感じなのですが、
やたら機械とか発達している、
なんとも言えない世界観です。
私はこういう世界観は大好物です。

そんでもって、
その世界にはカバネという和風のゾンビみたいな化け物がいます。
和風ゾンビってなんだww
そのカバネに噛まれると、
普通の人間もカバネになってしまうのです。

そのカバネを倒す主人公がなんと、
半分人間で、
半分カバネの、
カバネリという存在です。
その主人公が甲鉄城という列車に乗って進んでいく話なんですね。
タイトルまんまのアニメなのですww

それで、
そのカバネに感染しないように、
政府はいろんな対策をしてたりするんですよ。

感染者を拘束したりするところは、
なんかリアルでした。

結局は、
カバネと戦いというより、
カバネを利用した人間との戦いになっていく、
怒涛の展開で最終回まで突っ走ります。

「進撃の巨人」のような感じでしょうか??

数年前のアニメですが、
今見てもかなり面白く、
私も一気に見てしまいました。

何やら映画もやってたみたいなので、
そちらもチェックしたいと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦(完全生産限定版)【Blu-ray】 [ 畠中祐 ]

価格:8,805円
(2020/2/16 17:06時点)
感想(1件)





 

こんにちは。
シタッケです。

ギリシャ神話の最高神であるゼウスは、
結婚3回に浮気を数百回していることを知り、
芸能人の不倫なんて本当にどうでもよく感じました今日この頃です。

今期の新作アニメも、
もうすぐ中盤に差し掛かろうとしている時期なんですが、
だんだん面白くなっていくアニメもたくさんあります。
(1話がつまんなくて不安になるやつね)

個人的に感じた、
だんだん面白くなってきたアニメをとりあげます。
今回の
原作知らずのアニメ感想は、

『虚構推理』 

IMG_3619


原作はマンガのようですね。
もちろん読んでません。

 タイトル通りに推理ものなんですが、
物語に登場するのは、
妖怪です。

似ているジャンルでいえば、
「地獄先生ぬーべー」とか、
「ゲゲゲの鬼太郎」とかそんな感じに、
恋愛が少々混じったものを想像してくださいね。

もちろん、今風の綺麗な作画で、
女性でも楽しめそうなアニメです。

内容は、
主人公である岩永琴子は、
妖怪たちの知恵の神とせれています。
なので妖怪たちからの悩み事がどんどん寄せられます。
そして、巧みな推理をもとに悩み事や事件を解決していきます。

。。。とっても簡単な説明になってしまった。。。。
つまりアニメを見てってことんなんですが、
これだけじゃあんまり見る気にはなりそうにないですよね笑笑

私が面白いと感じ始めたのは、
第5話あたりからです。

元アイドルの亡霊“鋼人七瀬”が町で暴れたりして事件になってしまいます。
アイドル時代は、七瀬かりんという名前で活動していたんですが、
事故死したみいなんです。
(まだ途中なんで死因は謎ですが)

アニメ内での七瀬かりんのSNSアカウントとか、
鋼人七瀬のまとめサイトが出てくるんですよ。
でもでも、
実はそのアカウントや公式サイトは現実でも存在しているんですね。
ここが結構怖くて、
アニメと現実の境目がなくなり、
一気に物語に吸い込まれてしまうような、
なんとも新しい感覚になりました。
七瀬かりんのTwitterの呟きとかも生々しい。。。

・七瀬かりんのTwitterアカウントはこちら
・鋼人七瀬のまとめサイトはこちら

このサイトを見ながら、
視聴者である私達も、
岩永琴子と一緒に推理をしてみましょうって話です。

こういった点では、
「地獄先生ぬーべー」だったり、
「ゲゲゲの鬼太郎」よりも面白いかもしれませんね‼︎

【まとめ】
時代が進んできたのか、
物語内のサイトやアカウントが実際にあるのは、
なんとも言えない感覚でワクワクしちゃいますよね。
これからも、
週間でやるテレビのアニメやドラマなどの登場人物のアカウントとかを、
実際に作る流れは主流になっていくと思っていて、
登場人物のつぶやきとかから今後の展開を予想させて、
放送日以外の日も楽しめるようになるともっと面白そうですね。
おそらくもうやっているかもしれません。。
こうすれば、
いつでも好きな時に見れるネットの放送にはない楽しみ方が出来そうですね。

この戦略はこういったアニメやドラマ以外にも活用できそうですね。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

【あす楽/即出荷可】【新品】虚構推理 (1-11巻 最新刊) 全巻セット

価格:5,349円
(2020/2/7 10:58時点)
感想(0件)




こんにちは。
シタッケです。

やっぱり新聞の文字は小さすぎて読めないと思っていますが、
小さい文字の本はちゃんと読んでいるシタッケです。

ジブリの映画は万人に人気があると思います。
それならこのアニメも、
万人に人気が出てもおかしくないのではないのでしょうか?

『空挺ドラゴンズ』

IMG_3602


まずこの作品の特徴は、
なんと言っても、
ジブリっぽいです。
大事なのでもう一度。
ジブリっぽいです。
大事なので文字を太くします。
ジブリっぽいです。
大事なので赤線引っ張ります。
ジブリっぽいです。

ちょっとしつこいですね。
すいません汗‼︎

僕も初めてみたときは、
風の谷のナウシカかと思いました。
衣装の色やら食べのもやら機械の動き方とか。。。

ここまでジブリに寄せてくるあたりは、
ナウシカっぽいけどナウシカには負けないよって感じの面白さを感じました。

ジブリっぽさもあえての戦略とすら思えてきます。

さて、
ジブリっぽさは分かりましたが、
物語の内容をチャチャっと紹介しますね。

タイトルの通り、
空挺に乗ってドラゴンを捕獲するといった、
まんまの内容です。

チャチャっとどころではない簡単すぎる紹介になってしまいましたが、
ほんとにそのまんま。

ではでは、
見所についてですね。

・様々なドラゴン達
タイトル通り、
ドラゴンが毎回登場します。
でもドラゴンというと、
なんか火を吹きそうな、
ドラクエ的なやつを想像してしまいますが、
全然違います。

空を飛んでるので、
羽はあるのですが、
なんというか、、、、
かっこいいんです。
幻想的なんですね。
マンガが原作(もちろん読んでない)だと思いますが、
アニメの方が、
色合いやら細かなディティールなんかは、
とっても綺麗なはずです。


・お料理
ジブリ飯なんて言葉があるように、
ジブリの作品にはお料理がたくさん出てきますね。
このアニメも負けてはいません。
主人公のミカが食いしん坊ってこともあり、
様々な料理が登場します。
基本的にはドラゴンを使った料理なので、
再現することは難しいのですが、
作者の料理への情熱を感じました。
さらに、みんな美味しそうに食べるので、
見ている方もお腹が空いてしまします。


【まとめ】
ドラゴンという架空の生物に対して、
そこそこ原始的な捕獲方法と生活感の対比が、
なんとも言えない世界観です。
上記した見所以外にも面白そうな要素はたくさんありそうです。
おそらく今後は、
空挺の乗組員の人間性とかに焦点があたったり、
倒せないような強力なドラゴンが登場して、
物語が進んでいくんじゃないかな〜って、
勝手に予想してます。

アニメの放送が終わったら、
原作のマンガを買ってしまおうかと、
本気で悩んでますwww


最後まで読んでいただき、
ありがとうございます。

空挺ドラゴンズ(1) (アフタヌーンKC) [ 桑原 太矩 ]

価格:660円
(2020/2/5 15:03時点)
感想(4件)



 

↑このページのトップヘ