街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

SKATEBORD

こんにちは!
シタッケです!

さーて、
世に中の、
スケートボーダーと、
ドラゴンボール好きの人たちに、
朗報があります!

なんと、
世界でも有名な、
「PRIMITIVE」(プリミティブ)っていう、
スケートブランドと、

日本ではお馴染みの、
大人気作品である、
「ドラゴンボールZ」が、
待望のコラボレーションをして、
スケートデッキをリリース致しました!

東映アニメーション版権許諾証も貼ってあるので、
公式と言ってよいでしょう。
というか、公式でなければ、
日本では発売しなかったでしょう!


スケートデッキは、
こんな感じです!

IMG_2496[1]

IMG_2495[1]


皆さんは、
お気に入りのキャラはいますかね~?

ちなみに私は、
「魔人ブウ」
を買って、使っています!

IMG_2463[1]


これをきっかけに、
スケートボードを始めてくれたり、
興味を持っていただけたりすると
嬉しいですね!
スケーターには、
この情報は、
入手しやすいですが、
ドラゴンボールのファンにも、
この情報を伝えたいです!
みんなシェアしてね(>_<)


情報だけを書いてるだけだと、
面白いブログにならないので、

『スケートボードと、
ドラゴンボールの、
面白さの共通点』


なんてのを考えてみましたよ(^_-)-☆

つまり、
この他ジャンルと他ジャンルの、
組み合わせの壮大さになります!

・ドラゴンボールの面白さ

ドラゴンボールの面白さは、
ストーリーの構成ではないかと思います。
基本的な話の流れは、

強敵登場→1回負ける→修行して強くなる
→強敵を倒す→平和になる→また強敵登場


っていうサイクルでストーリーが進んでいるのですよ!
この1回負けて修行して強くなる過程が、
観ている人達を魅了し、
ファン(ハマる人)が増えていくのだと感じます!


今度はスケートボードについて

・スケートボードの面白さ

スケートボードの面白さは沢山あると思うのですが、
ここは、ドラゴンボールの面白さの、
共通点に注目です。

新しい技(トリック)を見る→やってみるけど出来ない
→頑張って練習する→出来るようになる
→また新しい技(トリック)を見る→やってみるけどできない


っていうサイクルですよね!たぶん。。。


共通点は、
1回出来ないと感じ、
努力して出来るようになり快感が生まれる。
それを、何度も繰り返していくうちに、
ファン(ハマる人)になっていくのではないのでしょうか?

もうちょっと深いファンになると、
快感に楽しみを覚えることから、
その快感を得るまでの、
過程に注目出来る人でしょうか!


【まとめ】
スケート業界に、
ドラゴンボールという、
大人気作品が、
やっと繋がりを持つことが出来ました(^^♪

どちらも、
面白くてファン(ハマる)になる要素満点です!
皆様にも納得してきただき、
どちらのファンにも、
面白さを共有出来たら嬉しく感じます!

最後まで読んでいただき
ありがとうございます!

どちらのファンも増やしたいと
考えておりますので、
シェアしてもらえたりすると嬉しいです(>_<)

プリミティブ PRIMITIVE x DORAGON BALL Z GOKU DECK(PAUL RODRIGUEZ)/プリミティブデッキ PRIMITIVEデッキ プリミティブスケートデッキ PRIMITIVEスケートデッキ ドラゴンボールデッキ DORAGONBALLデッキ ドラゴンボールスケートデッキ DORAGONBALLスケートデッキ

価格:12,960円
(2019/2/5 01:16時点)
感想(0件)



プリミティブ PRIMITIVE x DORAGON BALL Z BUU DECK(CARLOS RIBEIRO)/プリミティブデッキ PRIMITIVEデッキ プリミティブスケートデッキ PRIMITIVEスケートデッキ ドラゴンボールデッキ DORAGONBALLデッキ ドラゴンボールスケートデッキ DORAGONBALLスケートデッキ

価格:12,960円
(2019/2/5 01:17時点)
感想(0件)



どーも、

シタッケです!

最近、スケートデッキを
新しくしました。
ドラゴンボールネタで、
魔人ブウのモデルにしました。
なんか集中できませんww
↓↓↓
IMG_2463[1]



気づけば2019年の1月も
あっという間に終わりましたね!
ものすごく、
細かいことが気になってしまいましたので、
ブログを更新しようと思いました。

時間がある人は、
読み進めてください!!!

さてさて、
なんかいつも終わりには、
「あっという間」を付けてしまうので、
今回はその、

『月日があっという間に終わる理由』

について考えてみました(*^-^*)

皆さん、
つい1か月前に、
今年の目標とか決めませんでしたか?

まさか忘れてはいませんよね!

個人的には、
この目標決めがあんまり好きではありません。
それは、
今年の目標って、
それやるのに1年もかかる?
って思ってしまいます。

ですが、
人々は、1年単位で物事を見たくなるものです。
会社でいうと、決算があったり、
学生さんは1年で学年が変わったり卒業したりします。

つまり、1年に1回しか1年をカウントしないから、
1年ってあっという間に感じるのだと思います。

さらに、
今年は、
「平成最後の〇〇」の煽り付きですww

なんでこんな話になるのかと言えば、
1年単位で動いてるのは、
まずいって感じてるのです。

行動力がなくなってしまう可能性があります。

個人的に尊敬する人達は、
以上に行動力があります。

1年単位での考えを変えれば、
行動力が増し、
沢山の経験が出来るはずです!

人生は1度きりです。
人生を生きることに
焦ることはないけれども、
少しは焦っていいんだよってこと。

みんな平等な時間の1年が、
ともにあっという間であれば、
その中身が、
ただ何もせずに時が経ってしまっているのは、
もったいないですよね(>_<)

【まとめ】
私は、今年の目標なんて決めていませんが、
皆さんの今年の目標の進捗状況はいかがでしょうか??
もしも、今年の目標を忘れてしまったなら、
目標を1日とか1週間単位にして、
今すぐ行動しましょう!

誰しも1年や1か月はあっという間に
感じるものです。
なので、
そのあっという間の中身を
変えていきましょう!

私も頑張って行動します!


最後まで読んでいただきありがとうございました!



どーも、
シタッケです!

そろそろ、
春が近づいて来ていて、
新作のスニーカーが発売する時期ですね。

そんな時期に、
新しいアプリをご紹介いたします!

『WANNA KICKS』
IMG_2455[1]

このアプリは、
AR機能を使って、
スニーカーを、
バーチャルで試着出来てしまうアプリなのです!

ちなみにARとは、、、
Augmented Realityの略で、
現実世界に、
バーチャルな存在を可視化する技術です!
分かりやすく言うと、
「ポケモンGO」の技術ですね!

この技術を使い、
スニーカーをバーチャルで試着出来ちゃうのが、
このアプリなのです!
こんな感じです!

IMG_2458[1]

今のとこ、
履けるシューズを紹介しますね。

・New Balance
574 Tech Reffia

・Adidas
Deerupt PRIDE

・Nike
Air Zoom Pegasus 35

・Puma
Suede Classic

・Adidas
Ultra Boost

・Under Armour
UA HOVR Sonic

・Vans
Classic Slip-On

・Lidskie
LM17 Belarus

・Asics
GT-2000 6

以上になります。

少々選べるモデルが少ないように感じますが、
これから増えるのでしょうか??

使ってみたデメリットとしては、
先ほどの、
選べるモデルが少ないってこと。
さらに、
鏡で合わせると若干、
映りが悪くなる感じがします。

IMG_2459[1]


ここら辺はそのうち改善されるのかもしれませんね。


【アプリの未来について】

現状、スニーカーをAR技術で、
バーチャルな試着が出来るようになりましたが、
デメリットというか、
改善の余地があります。

・試着出来るモデルが少ない
・鏡で合わせずらい
・その場で購入出来ない
・履き心地までは分からない

などなどあると思います。

ですが今後、
日本国内では、
メガシューズストアの「ABCマート」とかと、
共同でアプリ開発などすれば、
もっと試着出来るモデルが増えるかもしれません。
選択肢が増えるかも!

更に、少し前に話題になった、
「ZOZOスーツ」の技術を、
シューズバージョンに応用すれば、
見た目の試着から、
履き心地まで体感できるようになるかもしれません!
こうなったら、
もう試着しに、近くの靴屋まで行く必要はなくなりますね(>_<)
便利な世の中になっていきそうですね!

【まとめ】
AR技術を使った便利なアプリがいっぱい誕生しつつあります。
スニーカー業界でいうと、
一般のお客さんからしたら、
シューズを買うのが、
とっても楽になる世の中が、
待ち受けているかもしれません!

でも、
スニーカーマニアの人たちは、
楽に買えるシューズには、
満足できずに、
アプリでは購入出来ないような、
履き心地や、
見た目に囚われないスニーカーを
追い求めることでしょうww

ってことで、
スニーカー界に、
とても便利なARアプリが出現したので、
ご紹介してみました(*^-^*)

最後まで読んでいただきありがとうございます!

どーも、
シタッケです!

2019年になり、
スケートボードのブログ書かなきゃ!
って思うので、
書きますね!

テーマは、

『2019年からスケートボードを始めようとしているみんなへ』

IMG_0722


新年になるとなにか始めたくなるものですよね!
スケートボードを始めようってことを
思っている人も多いのでは??

少しでも、
そのあと押しになればいいなと思い、
こんなテーマで書いてみたよ!


みんなが、
始めたくなるように、
スケートボードについて、
私の考えと楽しさをまとめたぞ!

【その1】
・年齢なんて関係ない!


始めるのに年齢を気にしていてはいけないんだ!
もちろん、若ければ、
体も動くし、ケガも治りやすい。
スケートする時間も増やせて、
どんどん上達するわけ。
うまくなれば楽しいに決まってるよね!

でも、年をとってからでも遅くはない。
何も、上手に滑ることがすべてではないのだ。
それ以外にも楽しさが沢山あるのです。
ケガとかするとキツイけどねww

【その2】
・仲間を増やせば楽しさ倍増!


スケートって不思議なもので、
一人で滑っているときよりも、
みんなで滑っているときのが、
楽しく、沢山練習出来るんだよね。
これはやってみればわかる。
ってことで、
沢山スケート仲間が増えれば、
どんどん楽しくなるわけ。
ここでも、
上手とか下手は関係ない。

【その3】
・スケート文化を楽しもう!


ここも大事!
スケートボードは、ファッションや音楽にも
深く関係しているので、
このジャンルを楽しむのも
スケートボードの醍醐味でもあります!
やっぱりスケートブランドの服とかって、
着ている人少ないし、
カッコイイデザインも多いので、
好きなスケーターの着ている服とか真似すると、
気分が上がるってものです(^^♪
スケートを“SK8”って略すのも文化ですね!


ざっとこんな感じで書きましたが、
もっとスケートボードを始めると、
いろんな楽しいことや文化の出会いが待っていますよ!


【まとめ】
まずはスケートボードを入手しましょう!
話はここからです!
なにを買ったらいいか分かんない人は、
近くのスケートショップに行ってみましょう!
ネットで買うのもアリですが、
まずは、ショップスタッフを仲間にして、
相談しながら買うのが失敗しなさそうだと思います。

大事なことは、
うまく滑れなくても楽しめる要素は沢山あるってこと。
仲間が増えてきて、
楽しく滑っていれば、
だんだん上手になってくるものです。

スケートボードってのは、

うまくなってから楽しくなるのではなく、
楽しくなってからうまくなっていくんですよ!

2019年からスケートボードを始めてみようと思っているみんなに
読んでいただき、
スケートボードを始めてくれたら、
私は嬉しいです。
是非、一緒に滑りたいですね(*^-^*)


最後まで読んでいただきありがとうございます!
楽しい2019年にしましょうww













どーも、
シタッケです!

「アメトーク!」の、
スニーカー芸人の回を
すっかり見忘れてしまった、
自称スニーカーマニアの
シタッケです(>_<)

たまには、
スニーカーについて書いてみようかと。。

『NIKE DUNKの魅力について』

IMG_2273[1]


NIKEのDUNKってスニーカーは、
私が一番好きなモデルなんです!

そもそも、
DUNKって名前の由来は、

ドーナツをコーヒーに浸して食べること
をダンクという。

バスケットボールで、
ゴールにボールを叩き込むシュートの
名前になる。
(ダンクシュート)

バスケット用のシューズの
名前になる。
(NIKEのDUNK)

この時点で魅力的ですね!

魅力をご紹介するね!

・特に目立った機能がない

NIKEはいつも新しい機能を
搭載したシューズが多いですよね。
AIRMAXとか見れば、
機能とデザインの両方で人気があり、
ファンも多いわけです。

ですが、
DUNKにはAIRすら入っていないwww
だけどなぜか人気ww
履き心地ではない魅力が
このシューズにはあるみたい。

・SBシリーズの誕生

ホントはバスケットシューズなんだけど、
SB(スケートボード)シリーズとしても大人気!
ここでついに、
機能がなかったDUNKにもAIRが搭載!
このころからDUNK人気が一気に加速!
発売当初は、どこの店でも完売していたんだよね。


・LOWカットとHIカットとMIDカット全部ある

ここもすごい!
ちなみに、MIDカットは、
一時期いろいろ発売していたのですが、
今ではすかっり見なくなってしまいましたねww
若干ブレていたこのMIDカットは
DUNKの黒歴史と言えるかもしれません。

・IDでオリジナルカラーが出来ちゃう

もはやここまでくるとアートのようなもの。
オリジナルのカラーリングが作れて、
かかとの部分に刺繡で文字とか入れることが出来てしまう。
限定やコラボとかとは違った価値観が
ここで生まれましたね!


【まとめ】
DUNKというシューズは、
ファッションでのスニーカーというよりは、
文化と言えるでしょう。
いろんなブランドやショップが、
このDUNKというスニーカーを使い、
アイデンティティを表現しているわけだ!

酒でも飲みながらもっと語りたいものですwww

最後まで読んでくれてありがとうございます!

↑このページのトップヘ