街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

SKATEBORD

どーも、シタッケです。

スケートボードが、オリンピック競技に決まり、
選考会なども行われていますね。

そんな中、
まだ、始まってもいないのですが、
オリンピックが終わってからの予想を立ててみます。

、、、暇なんでwww

簡単に言うと、
スケートボード業界が、
オリンピック後に、
盛り上がるのか、変わらないのか、盛下がるのか??
はたまた、今と何にも変わらないのか??
皆さんはどう思うでしょうか?
正直、ちっとも分かりません。

もちろん、
私は、盛り上がるに越したことはないと
考えております。


盛り上がる条件としては、

“日本人のメダルの獲得”
“キャラクターの登場”


だと思います。
この条件がとても重要。
現状では、
オリンピック競技にもかかわらず、
あんまり盛り上がっていないスポーツって、
色々あるみたい。
失礼かもしれませんが、
フェンシングとか馬術とか
アーチェリーってそんな感じしますよね。
実際周りでやっている人なんて見かけませんww

なので、

“日本人のメダルの獲得”
“キャラクターの登場”


の条件を満たし、
メディアの露出が増え、
一般人から注目を得る必要があるのです。

そうすれば、
少なくとも1回は“ブーム”みたいなのも
起こるかもしれませんね。
ちなみに、ブームが起きてしまうと、
低迷期も予想されますので、
なんとも言えませんが。。。

今出来ることは、
スケートボードの認知度アップに貢献と、
スケートボーダーを増やしていくことでしょうか??

ってなことを、
暇なんでまとめてみました。
ちょっとでも共感、
または、面白いなんて思ってくれたら、
シェアしていただけると嬉しいです。
沢山読んでもらえたら、
他の未来予測論もあるんで
ブログにアップしますwww



ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します!

エクストリームスポーツランキング


どーも、
シタッケです!

個人的に、最近思ったスケートネタです。
特に、キッズスケーターもしくは、
子供にスケート頑張ってほしいと、
強く思うご両親の方々に向けてです。
未来を見据えている人は、
是非読んでみてください。

【スケートと学校の部活のコミュニティ比較】

今回は、
学校の部活も楽しいと思いますが、
スケートボードコミュニティの良さの解説を!

わたくしは、
小学校、中学校、高校と、
サッカー部に入っていましたので、
その経験をもとに比較してみましたwww

さて、ここからはポジショントークになりますので、
個人の意見として参考にしてください。


いきなりですが、
学校の部活には、
大体変なルールとかがあって、
活動しずらいというのが本音です。

更に、

デメリットをピックアップ。

・先輩後輩の関係がめんどくさい
 つまり年齢を気にしすぎる
・学校単位で試合があるので
 人間関係がやや狭くなる
・活動時間が決まっていて
 強制的に部活の定休日みたいなのがある
 ってことは、やりたくない時にもやらなきゃならない
・ユニフォーム代、遠征代がなかば強制的

 
などなどでしょうか??


今後は、間違いなくインターネットの時代です。
(もうすでにインターネットの時代ですがww)
正直、学校の部活では、
コミュニティの範囲が狭すぎます。

SNSなど使ってる人はもう気づいていると思いますが、
世界中の人達と繋がれる、
もしくは、知り合いになれることが可能です。
しかも、簡単にです。

好きな部活があって、
目標が、大会に出場などであれば、
いいかもしれません、
ですが、
無理やりに部活(狭いコミュニティ)に参加しても、
面白くはないでしょう!
簡単に言うと“やらされる”という感覚は望ましくありませんね。


【まとめ】

決して学校の部活を否定しているわけではありませんが、
ある意味、普通に育ってしまう可能性だ高いと思います。
なんか面白くないですよね。

私の知っているキッズスケーターたちは、
SNSを活用し、年齢の関係ない人付き合いを、
楽しんでると感じます。
先輩や顧問の先生の言うことを聞いて、
行動するなんて退屈なことはしているようには見えません!

これからの時代は、
何かに属するよりは、
いかに個人のブランドを高められるかってのが、
大切になると予想しています。
みんなと同じような行動しかとれなければ、
個性も出しづらいはず。

って言ってる私も、
キッズスケーターに影響を受けて、
個人のブランド力を高められるように、
日々、努力しておりますwww

オリンピック競技にスケートボードが選ばれたことにより、
やや部活っぽくスケートをやっている人もいると思いますが、
スケートボーダーである本人がしっかりと自分に正直に、
楽しくスケートしましょう。

どーも、
シタッケです!

久々にスケートネタを!

NIKE SBの新作シューズ、

『NYJAH FREE』


買って、履いてみました。
価格は¥10,000+TAX
写真のブラックのほかに、
ホワイトのカラーも出ています。
IMG_1379[1]

NIKEの看板ライダーである、
“NYJAH HUSTON(ナイジャヒューストン)”
世界一のスケートボーダーといっても、
過言ではありません。

そのナイジャのシグネチャーシューズが
ついに登場したのです。
気になっていた方も多いのでは。。


シグネチャーシューズが出るのは久々で、

過去には、

・PAUL RODRIGUEZ(ポールロドリゲス)
・ERIC KOSTON(エリックコストン)
・OMAR SALAZAR(オマーサラザー)


などのスケーターからシグネチャーシューズが出ていますね。

【サイジング】
私は、普段26㎝を履いてるんですが、
このNYJAHも26㎝を選んでみました。
ピッタリ履けましたが、足の甲が高い方は、
もしかしたら、合わないかもしれません。。

【シューズの作り】
アッパーは合成繊維とゴムで出来ています。
つま先の補強材みたいなものが入っているのも、
分かります。
IMG_1380[1]

シューレースを通す内側に、
NIKE特有の紐の輪っかがあり、
紐を絞めると、
シューズ全体が足にフィットする感じです
IMG_1381[1]

アウトソールは、特殊なデコボコになっています。
NIKEでは初めてのパターンかもですね。
IMG_1382[1]

新品なんですが、
思ったより柔らかく、
足になじみやすいと思います。


【まとめ】
やっぱりNIKEの新作ということで、
なかなかの履きやすさだと思います。
新しいものが好きな人は、
履いてみる価値アリです。
足のフィット感は、
NIKEの他のスケートシューズに比べて、
一番ではないでしょうか??
個人的には、
もう一色のホワイトも欲しくなりました。
実際に、スケートでは使っていませんが、
耐久性は、あんまり期待はできないかもしれません。

おそらくNIKEのスケートシューズでは、
ジャノスキやダンクが人気だと思います。
日本でもそっちの方が売れているでしょうww
なので、
人とかぶりにくく、
新しい履き心地を求めている人には、
めちゃくちゃオススメです!


特に、NYJAHが好きなスケーターは、
是非、履いてみてください!

送料無料 シューズ NIKE SB ナイキエスビー NIKE SB NYJAH FREE ナイジャ フリー AA4272-001 ナイジャ・ヒューストン Nyjah Huston シグネチャーモデル FF2 D23 MM

価格:10,800円
(2018/5/1 01:59時点)
感想(0件)




ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します!

エクストリームスポーツランキング


どーも、シタッケです!

ついに暖かい季節がやってきました!
スケートしやすい季節だと思います。

今回は、

“キッズスケートボードの選び方”

をご紹介。
自分の子供にスケートボードやらせたいけど、
何を選んでよいのかわからない人は意外と多いのでは??

とりあえずは、
キッズ向けのスケートボードの選び方、
つまり、買い方を説明します。
重要なポイントは以下の通り。

・どこで買うか?
これは、意外と大事なポイント。
今はネットで買うことも簡単ですが、
個人的にはオススメできません。
知識無しに、ネットで購入し、
結局、へんなの買っちゃったらもったいないです。
そして、おもちゃ屋とかもNG。
おもちゃのスケートボードは、
やっぱり滑りが悪いです。

野球部に入るときにグローブをおもちゃ屋で買うようなものです。

買うのは、スポーツショップで買いましょう。
ムラサキスポーツなどがオススメですよ!
店員のアドバイスが聞けるので買いやすいと思います。


・どんなボードを買うか?
スケートショップなどでは、
キッズコーナーがあると思います。
選ぶ大きさは7インチ~7.3インチくらいでしょうか?
だいたい3歳くらいから始める子が一番小さいものを選ぶと思います。
そして、個人差はありますが、
小学校の3~4年生くらいがキッズ扱いです。
高学年くらいになれば、
もう大人用で選んでも良いかもしれません。

次に重要なのが、
“グラフィック(柄)”です。
やっぱり、子供も、気に入った柄の、
カッコイイボードに乗りたいものです。
価格は一万円前後が相場だと思います。
安すぎてはおもちゃっぽくなってしまいますし、
高すぎても、すぐに辞めてしまったらもったいなので。。


・プロテクターはいるの?
ズバリ、どっちでも良いです。
ですが、ケガをしてしまう可能性もありますし、
ランプと呼ばれるセクションに入る時は、
絶対付けた方がいいです。
こちらは、ネットで買うと、
サイズが合わないこともあるので危険です。
ショップに行き、試着してから買いましょう。


・どこで練習するの?
練習場所は、是非スケートパークに行ってください。
子供は注意力は少ないので、
スケートパークが安全ですよ。
特に、ランプと呼ばれるセクションは、
子供のうちから練習出来るし、
上達しやすいと思います。
もし、スケートパークが近くになければ、
車の通りが少なくて、
路面が良く、
少しうるさくても苦情が来ない場所を選びましょう。


【まとめ】
ムラサキスポーツなど、ある程度有名なお店で、
店員のアドバイスやこのブログを参考にして、
選んでいきましょう。
実際は、どんなボードを買っても、
おもちゃ以外なら楽しめます。

ちょっとでも子供が興味を持ち、
打ち込めそうでしたら、
スケートスクールなどにも、
参加させるものアリだと思います。


ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します↓↓

エクストリームスポーツランキング




どーも、シタッケです!

皆さんスケートボードしてますか?
花粉に負けずに頑張りましょう!
さてさて、気温も上がりだんだんと過ごしやすくなってきましたね。
そんな時は、クルーザーで快適に移動してみるのはいかかでしょうか?

クルーザーとは?
基本的には、ソフトウィールという、やわらかいタイヤを装着した、
スケートボードのことで、
主に、移動用として使います。
ウィールについてはこちらのブログを。
【ウィールの選び方】

ちなみにクルーザーのデッキは、
基本的には何でも良しです。
あえて選択肢を付けると“大きい”か“小さい”のどちらかですね。
大きければ安定した乗り味になりますが、
持ち運びがしにくいといったデメリットもあります。
小さければやや不安定になりますが、
とても、持ち運びしやすいのです。


ここで、クルーザーの人気ブランドをご紹介します。
ますは、“PENNY”です。知名度が高く、知らない方はいないのでは?
そして、もう一つは“GLOBE”です。
特徴はすでに説明した大きさにあります。

・PENNY
サイズは小さいので、持ち運びがしやすいですね。
あと、プラスティックで出来ているので、
デッキテープも貼ってなく持ちやすいです。
カラーも色々あって可愛いですね~

・GLOBE
PENNYよりは少し大きめな作りです。
素材はウッドが多めです、デッキテープでザラザラしますが、
グリップ力は抜群です。
デッキが平べったいので、ステッカーなども貼れちゃいます!
渋いデザインが多いのも特徴ですね。

価格はどちらのブランドも¥17,000~位でしょうか。
ちょっと高いなーと思う方は、
ソフトウィールだけ買って、
今持ってるスケートボードに付けるだけも、
クルーザーは作れますので、
是非お試しください!

ミニクルージングボード Penny ペニー COMPLETE CLASSIC 2016モデル コンプリートクラシック 22インチ EE E3

価格:15,984円
(2018/3/5 02:08時点)
感想(0件)


クルージングボード GLOBE グローブ BLAZER COCONUT BLACK EE G31

価格:18,900円
(2018/3/5 02:10時点)
感想(0件)


ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します!

エクストリームスポーツランキング

↑このページのトップヘ