街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・刺繍作品、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

ドローン・カメラ

どーも、
シタッケです!


先日、
かなり遅めのシーズンインってことで、
スノーボードに行ってきました!

私も人並み程度には、
滑ることが出来ます!

そんでもって、
せっかく行ってきたので、
360°カメラの、
「RICOH THETA SE」を持って、
色々と撮影してきました(^^♪

『360°カメラでスノーボードを撮影した考察』

IMG_2521[1]


そもそも360°カメラとは、、、
こちら

私の所持する360°カメラの、
画像や映像は、
LINEもしくは、
Facebookにて体感できます。

もっと見れる媒体が増えればいいのに、、、、

使った機材は、

・RICOH THETA SE
・自撮り棒
・モバイルバッテリー


通常は、
スノーボードって、
GoProなどのアクションカメラなどを
使用する人は多いのかと。

しかし、今回は360°カメラなので、
撮り方を工夫しなければなりませんww

そしてスノーボードでの
撮影する時と言えば、

・スノーボードしてる時
・リフトに乗っている時


この2点に注力してみました。

とりあえず、
滑走しながら自撮り棒にて、
撮影してみました。

率直な感想は、
360°感がまるででないのよ( ゚Д゚)
これならアクションカメラの方が良く撮れるかもしれません。。

なので、よく考えたところ、
見る人の目線になることが大切なのかもしれないと。

見る人目線というのは、
スマホで見るか、
VRとして見るかのこと。

気づいたのが、
スマホで見る人をターゲットにするのなら、
自撮り棒で撮影しても平気そう。。

でも、VR目線で見たら、
今一つのような気がします。

VRは、あたかも自分がその空間にいるような
感覚になれるのが魅力だと思っています。
なので、自撮り棒ではいまいちなのです。

個人的には、
撮り方としては、
ライディング動画に自撮り棒は不向きかと。。

もし、ライディング動画を撮るなら、
やっぱりヘルメットにカメラを固定が一番かもしれません。
VRの観点で見ると滑る人目線で撮影しないと
臨場感が足りない感じがします。

お次は、
リフト撮影です!

こちらも、360°カメラを使えば、
臨場感ある写真が撮れるのですが、
オススメは、
自撮り棒でリフト下を撮影することです。

自撮り棒を使い、
360°カメラをリフトの下まで伸ばし、
リフトの裏側を撮影する感覚で撮影しましょう!

そして、撮影出来た写真は、
こちら↓

IMG_2515[1]


スノーボードの裏側がうまく撮影出来て、
いい写真というか、
珍しい写真を撮ることが出来ました。

ライディングの動画よりも、
こっちのリフトの写真の方が、
イイ感じに撮れたかもしれませんww

【まとめ】
360°カメラのスノーボードでの
使い方について。

個人的な意見でいえば、
ライディングの動画や写真は、
ヘルメットなど、
目線に近い位置にカメラを設置して
撮影したほうが、
いい撮影が出来そうです!

また、上記で説明した、
リフトでの撮影方法なら、
意外と、みんな見たことのない
新鮮なボード裏の写真が撮れますよ!

皆さんの参考になれば、
とっても嬉しいです!

これから、
360°カメラを持って、
スノーボードに行かれる人は、
是非参考にしてみてください!

【値下げしました!】 RICOH/リコー RICOH THETA SC(ブルー) + E-2037 ライトスタンドM セット 【thetascset】

価格:23,328円
(2019/2/10 01:38時点)
感想(0件)



どーも、
シタッケです!

チャレンジと、
行動力アップを、
日々意識している32歳です!

最近、
カメラを購入しました!

そのカメラを買った理由と、
どんなカメラを買ったのかと、
その選び方を書きます!
皆さんに撮影や、
写真、動画の面白さについて
興味が湧いてもらえたら嬉しいです(>_<)


【カメラを買った理由】
近年スマートフォンの普及により、
だいぶ写真を撮る人が増えてきたはずです。
綺麗な写真も簡単に撮れますよね!
つまり写真を撮ることが、
趣味とかではなくなるレベルになっているのです。

でも、スマートフォンでの撮影は、
日常の出来事や自撮りなど簡単に撮れますが、
目で見たものを記録に残すというようなもの。

でも、ちゃんとしたカメラ(スマホのカメラじゃないやつ)での撮影は、
ちょっと違った感覚なのかと感じてきました。

このカメラでの撮影は、
日常を記録に残すというよりは、
作品を作り上げるといった感覚な気がしました。

簡単に言えば、
“日常の目線が変わるのです”

、、、、たぶんね。

カメラ撮影は、
本来は構図ってのを大事にするみたい。
私もまだよくわかっていませんが、、、、ww

私は、この写真を撮る時の、
目線で、
人や物を見てみたいと思い、
カメラを買うことを決意しました!

いつもと違った目線は欲しかったのです。

かなりあいまいですがこんな感じです!


【カメラの選び方】
今は、カメラの性能ってすごい高いみたい。
スマホであのレベルの画質ですから。

でもスマホがすごいから、
今までの、
コンパクトデジタルカメラ(通称デジカメ)は、
人気がなくなってきてしまっているみたい。

趣味でカメラをやるなら、
もうデジカメは不要なので、
買うのは“一眼レフカメラ”がいいですよね!

しかし、
最近は、
この一眼レフカメラに迫る勢いのカメラを
ご存知でしょうか??
それは、

『ミラーレスカメラ』

何のことって思うかもしれません。
簡単に言うと、
とってもコンパクトな、
一眼レフカメラのようなもの!

メリットは、
なんと言っても、
コンパクトで軽い!
その名の通り、
ミラーを使わない構造なので、
小さく作れるわけですね。

ちなみにデメリットは、
プロ仕様までのスペックが無いことと、
カメラマン感がないってこと。

私は、
『ミラーレスカメラ』
を購入しました。
持ち運びのしやすさを
優先しました(^^♪

それと、
これからは、
ミラーレスの時代が来ると、
期待していますので!

購入したモデルは、

・SONY α6300

IMG_2520[1]

カメラの写真ってなんかしょぼいっすねww

まだまだ使いこなしてはいないのですが、
いろいろとリサーチした結果、
これに決めました。

一番の理由は、
ミラーレス業界のトップを走っているのは、
CanonやNikonよりもSONYが優先らしいのです!
今後はどうなるかは分かりませんが、
今のとこはSONYなんですww

ちなみに、
カメラとレンズ合わせて、
¥84,510でしたww
(これでも安い方。。。。)

【まとめ】
カメラで撮影するのは、
いい写真を撮りたいからなんですが、
その“いい写真”って何なのでしょうか?
って考えました。
ここに新たな開拓地的なものを見いだせたので、
カメラを購入しました。
これをきっかけに、
構図ってものを意識しつつ、
日常の光景や、
出会う人物に、
広い視野を持って接していければいいなと思います。

いい写真が取れたり、
新しい発見などあれば、
また発信します。


スケートボードとか、
いろいろ撮りたいものあるんですよww

そして、今使っているドローンも駆使しながら、
いろんなとこで、
色々撮影していきたいと思っている、
32歳のこの頃でした。。。

ソニー/SONY α6300 ILCE-6300L パワーズームレンズキット

価格:83,730円
(2019/2/9 01:28時点)
感想(0件)


どーも、
シタッケでございます!

今回は、
愛用のドローンの、
Telloが故障してしまったのかもしれないって話を!

IMG_2287[1]


タイトルで分かるとは思いますが、
結果的には故障なんてしていませんでしたww


とある休日、
海沿い(まあまあ風吹いている)とこで、
ドローン飛ばしてたわけなんですよ!

最初の方は、
いつも通り普通に飛んでたわけなんですよ!

そしたら、急に風が強くなり、
ドローンが飛んでってしまいそうになったんで、
慌てて強引に下降させました。
通常は着陸ボタン押すんだけど、
その時は、コントローラーの下ボタン押して、
着陸させたんです。
やや乱暴な着陸。。。。

そして、次に飛ばそうとしたら、
全くプロペラが回らない。。。。。

以下の点は確認しました。

・残り電池量
(一応新しいのに交換しました)
・スマホとのWIFI状態
・コントローラーとのBluetooth状態


特に異常はないのですが、
まったく動かなくなってしまったのです。

その時、
故障について調べたんですが、
色々な故障があるようです。

・コントロール不能で、
上昇し続けてしまう
オーバーヒート

・本体の温度が高くなってしまい、
電源が自動でOFFになる

・アップデートが完了していないと
飛行しない


などなど、
調べると沢山故障の原因があり、
怖くなってきちゃいます(*´Д`)
また、修理も海外メーカーなので、
時間がかかり、
なかなか面倒くさそう。。。


Amazonで
もう一機買ってやろうかなと
頭をよぎった時に、
ダメもとでもう一度飛ばしてみようと思い、
操作したところ、
今までピクリとも動かなかったドローンが、
正常に動き始めました( ゚Д゚)

。。。今までのは何だったんだ。。。。

つまり故障かと思いましたが、
故障してなかったってしょうもないオチになってしまいました。

ちなみに、
寒かったせいか、
明らかにバッテリーの減りが早かったです!
5分くらいか持ちませんでした。

ちなみにバッテリー残が50%を下回ると、
Telloのドローン一発芸である、
“フライトモード”が出来なくなるので
ご注意ください!!!

夕方くらいの寒い時間は、
バッテリーの減り具合も気にした方がよさそうです。


【まとめ】
突然の動作不良のおかげで、
いろんな故障があることを知り、
とても為になりました!
故障のリスクも考えながら、
飛ばすことも大事だと感じました。

皆さんも自分のドローンの故障について
調べてみても良いかもしれません!
かなりテンション下がりますが、、、

最後まで読んでいただきありがとうございました!

DJI Tello フルコンボ ドローン Ryze 航空法規制外 スターターキット GameSir T1d Controller 専用コントローラー TELLO専用ケース 収納ケース

価格:18,000円
(2019/1/30 21:49時点)
感想(1件)



どーも、
シタッケです!


私が使っているトイドローンの
「Tello」には、
アクロバットな飛行が簡単に出来てしまう、
“フライトモード”っていうのがあるのですが、
早速使ってみたので、
レビュー書きますね!

『Telloのフライトモードについて』

IMG_2229[1]


普段は、
写真撮影をメインに使っておりますが、
ドローンの動きの面白さを確認したくて、
“フライトモード”っていうのを使ってみました。

IMG_E2384[1]


フライトモードを簡単に説明すると、

ドローンの一発芸って感じでしょうかww

ボタン一つで
決まった動きをしてくれるやつです。

パターンは、全部で6種類あります。

・Thow&GO
機体をトスすると、その場でホバリング。

・8D Flips
画面上で8方向にスワイプすると、その方向に宙返り。

・Bounce
0.5~1.2mの間をバウンスしながら自動飛行。

・Circle
円を描きながら、ショートムービーを撮影。

・360
その場で360°回転しながら、ショートムービーを撮影。

・Up&Away
後方に上昇しながら、ショートムービーをを撮影。

以上になります。

大きく分けると、撮影系と
アクション系の2つに分かられますね。

使った感想は、

正直いらねwww
(*´Д`)

宙返りとかするのは、
最初は感動しましたが、
ボタン一つで簡単に出来てしまいすぎて
見なれると面白いものではありませんww

撮影系の3種類は
かろうじて使える感じはしますが、
正直、自分で操作できるので。。。。
ドローンの操作が苦手な人は、
使えるかもしれません。

私が考える使い道としては、
おそらく、
始めての人にドローンを見せる時。
ではないでしょうか??

たぶんドローンを初めてみる人にはウケがいいと思います。
軽く自慢してやりましょうww


【まとめ】
トイドローンの「Tello」はかなり優秀です。
そのドローンの1つの機能である、
“フライトモード”について解説しました。
実用性がある機能ではありませんが、
ボタン一つで自動で動くなんて、
とってもすごいですよね。

このフライトモードが役に立つときは、
ドローンをみんなに自慢する時でしょうかね~
ドローン仲間を増やしたいときとかに、
役に立つかもしれませんww

そして、ドローンの操作が苦手な人は、
是非ご活用ください(^^♪

新発売 Ryze Tech Tello Powered by DJI

価格:12,800円
(2019/1/24 22:29時点)
感想(18件)







どーも、
シタッケです!

最近、ドローンの撮影に
出かける日々を送っています!

どこかいい撮影スポットがあれば、
誰か教えてくださいww

さて、今回書くのは、

『トイドローンにもあるリスク』

いつもは、
ドローンの良さを伝えようと、
努力しておりますが、
みんなに後悔してほしくはありませんので、
ちゃんと悪いとこも書きますよ!

綺麗な写真を撮る裏側には、
リスクもつきものですし、
失敗談や危ない話は、
意外と購入前の人の耳には
なかなか入りずらいものです。


ドローンをお持ちの方は共感してください!
お持ちでない方は入手前に
ぜひ知っておいてください!

ここからは、
体験をベースに書いていきます。

ドローンは200g以上のものには、
航空法が適応されるようなので、
飛ばすには、申請などが必要になります。

私が使っているドローンは、
200gより軽いので、
一般的に、“トイドローン”と呼ばれる、
比較的扱いやすいドローンです。

法律面は別として、
トイドローンにもリスクがあるものです。

・墜落のリスク

これはどのドローンにもつきものですが、
いくら軽いとはいえ、
落として人にあたってしまったら、
大変です。
たぶんケガします。
いや、絶対ケガします!

私が考えている、
気をつけるポイントは、
操作ミス、予期せぬ風、バッテリー残、干渉トラブル
って感じでしょうか?
あとは木の枝だ!!

以上のことに気をつけてください!
たぶん他にもありそうですが。。。

・紛失のリスク

これは、絶対経験しますよ!
ドローンは思ったよりも遠くまで飛ぶので、
肉眼では見えなくなるくらい小さくなってしまいます。
たぶんLEDとかで光らせても、
見えなくなっていまいます。
このせいで、
川や海に落としてしまう危険があるのです。
カメラ付きのドローンの場合、
カメラ映像を見ながら操作することが
出来ますが、
そこにもリスクがあります。
またまた“木の枝”です。
カメラ映像だと、
細かい木の枝とかに気づかないのです。
たかが木の枝でも触れてしまえば
ドローンは落っこちてしまいます。

私も撮影するたびに、
失くしそうになりヒヤヒヤすることは
しょっちゅうです!

なんかそろそろ失くしそうですww
冗談抜きでww

失くしそうな時には、
もう1つ買おうかな~とか、
今日Amazonで頼んだらいつ来るのかな~とか
が頭で即座に考えてしまうのです!

自分がドローンにハマってるなって、
実感できる瞬間でしょうかねwww


【まとめ】
綺麗なドローン写真の裏側には、
リスクがあることがお分かりいただけたと思います。

ドローンを飛ばしたことがない人には、
伝わりづらいと思いますが、
これらは事実です。

トイドローンは気軽に飛ばせるドローンですが、
危険性も考えられますので、
人の迷惑にならないように飛ばしましょう。

ドローンに関するルールは、
まだまだ曖昧なとこが多く、
完成されていないのが現状です。
もしかしたら、
もっと厳しいルールになる未来も予想出来ます。

リスクもしっかり考えて、
ドローンを楽しみましょう!

これから買おうとしている人は、
参考にしてくださいね(*^-^*)

DJI Tello フルコンボ ドローン Ryze 航空法規制外 スターターキット GameSir T1d Controller 専用コントローラー TELLO専用ケース 収納ケース

価格:18,000円
(2019/1/19 01:05時点)
感想(1件)




↑このページのトップヘ