街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・刺繍作品、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

ドローン・カメラ

どーも!
シタッケです!

最近、ドローンの撮影をしている日々です。
やっぱドローンは面白い(^^♪

でも、
スマホでの操作ってなんかやりにくいんですよね!
ってことで、
ついにプロポ(コントローラー)を
買ってしまいました!

ついでにケースもwww

購入したのは、
こちら↓↓

・GameSirT1d(コントローラー)
・Lichfit(ケース)


IMG_2287[1]


ドローンのケースってあんまりカッコいいのないんですよね!
なので、しょうがなくと言ってはあれですが、
少々妥協ありで買いましたww
まあ、ちゃんと収まれば何でもいいや!

今回紹介したいのは、
プロポ(コントローラー)の方です!

IMG_2281[1]


まずは使ってみた率直な感想は、

かなり操作しやすい(*^-^*)
そして、ボタンが光るww

形状が、
プレイステーションのコントローラーのようで、
握り心地がとっても良いです。。
普段からゲームやってるのでwww

光るのは男ごごろをくすぐります!
ガジェットイルミネーションと言えますねww


コントローラーには、
沢山ボタンがありますが、
実はほとんど使いません。
ユーザー設定ボタンのようで、
たぶんプログラミングとかした時に使うのでは。。。

なので、
使うボタンは、
操作する時の左右のスティックと、
LRボタンくらいです。

離陸と着陸は、
R2ボタンとYボタンの同時押しです。
ゲームっぽいww

更に、カメラのシャッターを切るのも、
R1ボタンでワンタッチでできます!
これはかなり便利に感じます。
スマホの画面じゃ、
シャッターボタンが押しづらかったのですよね!

スティックの操作は、
ゲーム感覚で操縦できるので、
かなり楽です。
ただ、スティックを少し動かしただけでも、
動きますので、
試し運転は欠かさずやりましょう!


一応、プロポ(コントローラー)の充電も必要ですが、
圧倒的に、
ドローンの電池の方が消耗が早いので、
ここは心配無用です。


【まとめ】
Telloのドローンを購入するようでしたら、
同時に購入しても良いくらいの使いやすさです。
何より、シャッターが便利すぎて感動です!
言い過ぎか。。。

さらにケースは、
格好悪いがドローンを守るためにはしょうがない!
(ご紹介したケースはAmazonで買えますよ)

ケースとプロポ(コントローラー)は、
両方あったほうが、
ドローンが楽しめることが分かりました!

これからもドローンの撮影頑張ります!

Gamesir T1d コントローラー

価格:3,800円
(2019/1/13 01:01時点)
感想(7件)




どーも、
シタッケです!


この前手に入れた、
カメラ付きトイドローンの、
「Tello」がとっても使いやすく、
面白かったんだ!

Tello買った時の記事は→こちら

色々写真撮り始めたんだが、
これはハマります!

とりあえずはこんな感じ↓

IINZ7599[1]


ドローンで写真撮るのは、
操作も楽しいし、
撮影も出来てしまうので、
一石二鳥か~(*^-^*)

ってことで、
これからは、
写真を頑張って撮っていこうかと!
つまり、

「フォトグラファーを目指します!」

気が早いけど、
もうプロフィール写真は撮影済みだww

IMG_2229[1]


それっぽいでしょwww

でもそこで考えたんですよ!

機材に関しては、
トイドローンだけなので、
高額なドローンを持っている人の写真には
たぶん負けちゃうと思うわけ。
たぶんじゃない、絶対だ。

更に、近年は自撮り棒で撮影も出来るから、
何となく高い位置などは、
ドローン無しでも撮れるわけです。

じゃあどーすれば、
トイドローンを使って、
自分っぽいオリジナルな写真が撮れるのか?
って考えたところ、

一つの信念を見つけました。

“見たことありそうでないとこの写真”

ここら辺のポジションを目指して活動してみようかとww

いきなりですが、
とりあえず方針は2つ!
今後、ちょっとずつ増えるかもですww


・高さ3メートル以上の目線にこだわる

Amazonで調べたら、一番長い自撮り棒は、
長さ3メートルだったんです。
なので、高さ3メートル以上のものを
メインに撮影します!
(ドローンなので当たり前かも、、)


・みんなで力を借りながらやる

周りの人の意見を取り入れ、
撮る側(わたし)と見てくれる側(みんな)
での作品作りがしたい!
っていう個人的な希望です!
なので、写真についての感想や意見は
常に募集中です!


むしろ、
この二つの方針に共感できる人いたら、
一緒に撮影とかしに行きたいですねww
そして、色々と教えて欲しい!

とりあえず、
頑張って沢山撮影していきますので、
皆様よろしくお願いします!

新発売 Ryze Tech Tello Powered by DJI

価格:12,800円
(2019/1/1 23:44時点)
感想(18件)



こんにちは。
シタッケです!

自身2代目のドローンを購入いたしました。

今回は買ったのは、
あのドローンでお馴染みの、
「DJI」がプロデュースのモデル、

世界一楽しいドローンを作るという、
想いを胸に設計されたもの。

『Tello(テロー)』


IMG_2181[1]


でございます(*^-^*)


価格は、お店によって若干差がありますが、
だいたい¥13,000+TAXくらいでしょう!
オプション付きなどもあり、
セットの価格になっているものもありました。


私が買ったのは、
本体+バッテリー×3+プロペラガード
のセットになります。


使ってみた率直な感想は、


「初心者に最適かも!」


これはホントです。
ドローンの価格は様々ですが、
便利になるほど高くなっていきます!

数十万なんてのもあります。
趣味とは言え、
5~6万円でもなかなか手が出ませんww


かといって、
私が以前買った¥3,000くらいのモデルは、
操作も難しく、カメラは付いていません。
購入した時の記事は 
↓↓↓
こちら

もちろん操縦する楽しさはあるのだけれど、
やっぱり撮影とかしたい!
って感じでした。


で・す・が・・・

この「Tello」は、

安価で、
簡単な操作性
さらにカメラ付きという

ドローンを楽しむ要素が、
全て入っています。


もちろん、
規制対象外である200gより軽いです。
約80g(バッテリー含む)なんです!

早速、広場にてプレイしてみました(*^-^*)


IMG_2187[1]


「Tello」の操作は、
スマートフォンとBluetoothでつなぎ行います。
つまり、スマホがプロポの役割になるわけです。
ちなみに別売りで、
スマホと取り付けるコントローラーのようなものもあるみたい。
(たぶんこっちのが操作しやすいでしょう)


画面があると結構便利で、
風の強さなども表示されますので分かりやすい!
ホバリング(空中で安定させること)も簡単です。
というかほぼ自動です。

車で言ったらオートマ車って感じでしょうか。

バッテリーの持ち時間は、
約13分と言われています。

一応バッテリーは3つ用意しましたが、
2つくらいあれば十分な気もします。。

お次は、
カメラの出番です!
ドローンのカメラって結構画素が良くて、
なんと、500万画素。
最近は4Kとかもあるみたいなんですが、
スマホで見たり、
友達と共有するといった、
趣味の範囲であれば十分でしょう(*^-^*)

飛行が安定しているので、
カメラの撮影もしやすく、
スマホの操作で、
簡単にシャッターもきれます。


こんな感じで撮れます!

PCYG2216[1]


これがあればめちゃくちゃ楽しめますよ!


褒めまくっても、
なんかセールスマンみたいなので、
個人的に感じたデメリットも書きましょう。

カメラが固定です。
つまり、上空から見下ろしたような画像が撮影できません。

価格的には、しょうがないのかもしれません。

お次は、やっぱり風に弱いwww
これはもう仕方ないのか。。。
でも、以前買ったトイドローンよりも風に流されなくなった気がします!


画素数のせいか、動画は、
やや粗くなってしまうかもしれません。
ドローン購入にあたっては、
動画メインなのか、
静止画メインなのか、
最初にざっくりと決めておくのもいいかもしれません。
やっぱり、
飛行はそこそこ安定するのですが、
弱風での動画撮影は、
やっぱり難しく感じました!
(1/5追加)

仕事とかで使う人は、
また別な話になると思いますが、
趣味の観点で見ればかなり優秀だと感じました。


【まとめ】
・最初に買うドローンで迷ったらTelloはオススメ。
・価格的に見ても買って損はしないはず。
・ラジコンみたいに操作したい人には少し物足りません。
・予備のバッテリーがあれば安心。
・趣味の範囲であれば、500万画素でも平気。
・仕事にするならもっと高性能なものを選んで、
プロっぽい画が必要かと。。。


みんなでドローン飛ばして遊びましょう(*^-^*)
気づいたことなどは、
定期的に書きこんで、
この記事をアップデートしていきます。
更新するんでよろしくお願いします。


Tello Boost コンボ(損害賠償保険付)

価格:13,500円
(2018/12/21 13:23時点)
感想(0件)





こんにちは!
シタッケです!

さーて、
ドローン購入してから、
家の中でちまちま練習していましたが、
なかなかうまくなりませんww

IMG_1984[1]



しかも、電池が切れるのが早くて、
練習時間が短く、上達の妨げに
なっています。

ってことで、
気分転換に“お外”で飛ばしたいと思い、
初の野外デビューしましたww

私のドローンは200g未満なので、
ドローン航空法が適応されないのです!

場所は芝生の広いとある公園!
結構墜落するので、砂の公園を避けました。

ちなみに、ドローンの機体が“200g未満”のものは、
許可なく外で飛ばせますよ!

率直な感想を述べますと、
「めちゃくちゃ気持ちいい!」
天高くまで飛行するドローンをみると、
感動します!

IMG_2001[1]


いつもは、すぐに天井にぶつかってしまっていたので・・・・


ですが、
ここが一番のポイントです。
機体が200g未満なので、
“風に弱すぎ”なのですwww
風が強い日はもってのほか、
風吹いてるね~でも、
そよ風だね~でもダメなのですww


実際私が飛ばした日も、
体感ではほぼ無風に近かったのですが、
高度が少し上がると、
風に流されていまい、
操縦どころではありませんでした~

皆さんの言う通りで、
たぶん体育館がベストな練習場なのでしょう!


【まとめ】
・外で飛ばすと気持ちいい
・200g未満は外で飛ばせるが、風に弱い
・体感できなくても風は吹いている
・ベストな練習場は、みんなの言う通り“体育館”
・200g未満のドローンとはいえ、法律に触れてしまうこともあるみたいなので
 十分気を付けましょう!

ジーフォース (ドローン)SQUARED(スクアード)ブラック GB430

価格:3,337円
(2018/10/17 20:51時点)
感想(0件)





こんにちは!
シタッケです!

最近は、360°カメラにハマってますww
使っているカメラは、

「RICOH THETA SE」

IMG_1642[1]


とりあえず、常にカバンに入れておき、
いつでも撮影可能にしています!

飲み会とかの、
乾杯する時とかに撮影すると、
結構盛り上がりますよww

でも、
このカメラで撮って写真は、
みんなでシェアしにくいのが難点なのですww
現状は、
LINEもしくはFacebookでのみ、
360°の写真のシェアが出来ます。
Instagramでは、
球体のような写真になってしまいますので、
俗に言う“インスタ映え”は出来ないのです。
残念ですね( ゚Д゚)
これから、シェア出来るアプリが増えることを祈ります。


そして、
卓上で使いやすく、
360°カメラと相性が良いのではないかという、
オススメアイテムをご紹介します!

「keypod」

IMG_1780[1]


これは、
ポータブルなミニ三脚です。
価格は¥300くらいなので、
買いやすいですよ!

卓上に置くのにはぴったりですww

本格的な三脚って、
結構高かったりするんで、
手が出ないんですよね。

後、私は自撮り棒を使っています。

普通に、
THETAの撮影ボタンを押して、
撮影すると、
手が結構映り込んでしまうので、
カッコ悪くなっちゃうんですよねww

とまあいろいろ撮影していますので、
これからが、
動画撮影なのにも注力していこうと思います。


ですが、あんまり、
360°カメラ持ってる人っていないんですよね~
私の周りにもいません。
0人ですww

まだまだ、これからなのでしょうか??
黎明期感が半端ないです(*´Д`)

だれか、色々共感できる人とか、
撮影仲間がほしいところです(*^-^*)


エツミ 【2段三脚】 キーポッド(イエロー) E-2085[E2085KEYPOD]

価格:326円
(2018/8/15 22:14時点)
感想(0件)



【値下げしました!】 RICOH/リコー RICOH THETA SC(ブルー) +TS-1(ホワイト) ソフトケース 【thetascset】

価格:23,328円
(2018/8/15 22:15時点)
感想(0件)





ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します!

エクストリームスポーツランキング







↑このページのトップヘ