街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

ゲーム

こんにちは‼︎
シタッケです。

毎朝見る「林先生の言葉検定」の答えの選択肢が、
そろそろ緑色であってほしいですww
番組内では「緑のボケ」と呼ばれているそう。

分かる人だけ共感してくださいww

さて、本題に入りますと、
先日からプレイしているゲーム、
「ファイナルファンタジーⅧリマスター版」(以下FFⅧ)
をやりながら、
正々堂々と戦わず、頭を使いながら攻略していくやり方が、
人生に役立つかも。といった思いつきから、
この文章を書いています。

さて色んなゲームをやってきましたが、
このFFⅧには他のゲームと違う特徴があります。
それは、
“レベルを上げてはいけないこと”
レベルを上げてしまうと敵も強くなり、
圧倒的に戦いで不利になってしまうのです。

つまり経験値を稼がないわけ。

でもでもレベルが低くても強くする方法があります。
それは、魔法とアビリティを装備出来ること。

いかに敵と戦わず(経験値を稼がずに)、
アビリティや魔法で強くなり(工夫を凝らし)、
ゲームを攻略していくかが、
FFⅧの醍醐味ではないでしょうか??

実際の社会でもあんまり戦いや争いはない方が平和ですよね??
そんな平和的な進め方がこのFFⅧで学ぶことができると思います。

【まとめ】

FFⅧでは戦わずにストーリーを攻略。
攻略方法はいかに工夫して強い魔法を装備出来るかと、
アビリティを装備するか!

社会でも無駄な争いはなるべく減らす。
そして、自分を強くするために、
アビリティ(趣味や特技)を身につける。
そこには効率の良さをもとめる必要があります。

ただ、現実世界では、
経験値はとても大事なので、
いろんなイベントや出来事などを通して
経験値を獲得しよう。

そうすれば、
レベルが低くても、
うまいこと人生を攻略できるかもしれません!


そんなこんなで、
ファイナルファンタジーⅧの攻略法を、
無理やり人生の攻略法と結び付けてみました。

楽しくゲームをやると同時に、
いろいろ学んで、
人生も楽しく攻略出来たら
とても嬉しくおもいます!

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

どーも、
シタッケです!

ゲームって大人から子供まで
楽しめて、
とっても素敵ですよね!

でも、ちょっと待って、
楽しいことには変わりはないのですが、
子供より、人生経験の多い大人も楽しい。
大人より、人生経験の少ない子供も楽しい。

ここに不思議を感じましたww

仮説を一つ立ててみた。

子供が面白ければ、大人はもっと楽しいのではないかと。。。
もちろんゲームにもよりますが、、、

そんなことを思いながらゲームをしている日々でしたが、

ある作品をプレイしていたら、

なんとも言えない感情になってきたので、
ここで、紹介させてほしい(*^-^*)

それは、
「ファイナルファンタジーⅦ」である。

IMG_2252[1]


このゲームは、
それこそ20年くらい前(私が小学生位)に発売されたゲームで、
ポリゴンを使った立体キャラに感動し、
当時の私(子供)もかなり熱中したものだ。

そのゲームが、
「Playstation Classic」という名機によって、
再びプレイすることになったwww

そんでもって、
約20年ほどの月日を経て、
再び、ファイナルファンタジーⅦをやってみたのだが、
あの時とはまるで違う面白さが詰まっていたのだ。

子供時代の私は、
ひたすらレベルをあげて、
強いボスに勝つことだけを目標にゲームをしていた。
ストーリーも何となく頭には入っていたものの、
やっぱり“ラスボス”を倒すために戦い続けたのだ。

このポテンシャルでプレイしていた子供は意外と多いと思う。

だがしかし、
私は大人になった。
というよりも色々な経験と知識を得ている。

そんな私が今プレイしている、
ファイナルファンタジーⅦはさらに面白く感じる。
理由は簡単。

ストーリーに関心が湧き、
登場人物に感情を入れることが出来る。

つまり、強い敵を倒すことを目的としたプレイから、
ストーリーを楽しみながらも、
キャラクターの心情や感性、思考などに共感しながら、
プレイできるという、
大人の特権がある。


当時の私には気づくはずもなかったのだろう。

例えるなら、
昔、JPOPの歌詞を雰囲気だけで歌っていたあの頃のようだ。
歌詞の意味も分からないのに、
好きな曲と言ってしまう。
恋愛なんてしたことないのに
恋愛ソングが好きとかいってしまうくらいに、
浅い解釈ってわけなんだ。

では、結果に移るよ!

子供の時にドハマりした、
ファイナルファンタジーⅦを、
今プレイしているので、
大人の楽しみ方と、
攻略的なことを、
今後、書いていこうかとww

たぶん、需要の少ないネタだけど、
どーしても書きたいのです。
そして、
ゲームをクリアした時は、
20年前よりも感動するはず。。。たぶん。。。

なので、これから、
少しづつ、
ファイナルファンタジーⅦのゲームの面白さを、
大人目線で紹介していきますので、
気になる人はチェックしてくださねww

【まとめ】
大人と子供では、
ゲームの楽しみ方が違う。
シタッケはこれから、
ファイナルファンタジーⅦの攻略を目指し、
大人目線(大人にしか伝わらないような)の
情報発信をしていき、
みんなの話題作りをやっていくよ。

この記事をシェアしてくれたりすると
とても嬉しいぜ!


プレイステーション クラシック

価格:10,778円
(2019/1/3 01:14時点)




↑このページのトップヘ