こんにちは。
シタッケです。

ハーフパンツにパーカーを着るという、
季節の変わり目的なファッションが大好きですww

只今、本屋さんに行くと、
これでもかという具合にてんこ盛りで売られている本を読んだので、
書評を書きます。

『恋のゴンドラ』
著者 東野圭吾


IMG_3311[1]


大人気作家の東野圭吾さんの作品なんで、
本屋さんでてんこ盛りだったんですね‼︎

お恥ずかしながら東野圭吾さんの作品を読みのは
初めてなんです。

さーて内容はというと、
題名通りで、
スノーボーダー達が巻き起こす、
ゲレンデでの複雑な恋愛模様といった感じです。
ピュアな恋愛ではなく、
浮気やら不倫やらの、
ドロドロでドキドキな感じです。

東野圭吾さんは自腹でスノーボードの大会を開催する程の
スノーボードと関係の深いお方。
この小説のスノーボードをやったことない人だと、
やや専門用語的なのが多いので、
スノーボードをやっている人は、
かなり読みやすく共感出来ると思います。

スノーボードやったことない人は、
実際に体験してから読むと、
面白さ倍増するはずです。
もしくは、
読んだ後に実際に滑りに行くのもいいかもしれません。

ゲレンデでの出会いを求め、
浮気やら不倫をバレないように、
あの手この手を駆使する男達の
バレるかバレないかのドキドキ感が、
一冊丸ごとって感じです。

最後にはちゃんとオチもあって、
だんだん読むスピードが上がっていっちゃいます。

登場人物がまあまあ多く、
人間関係もやや複雑なので、
小説を読み慣れていない人は、
登場人物を整理しながらゆっくり読むのもいいかもしれません。

一見バラバラな人間達が最後の方には、
みんなが繋がっていく構成は、
さすが人気の作家さんだなと、、、、

【まとめ】

もう一度書きますが、
専門用語など随所に出てくるので、
スノーボード未経験者は少々読むのに苦戦するかもしれません。
スノーボード経験者は読んで共感、
未経験者はこの本きっかけにスノーボードを始めてみるか、
スノーボードを体験してみてから読むことをオススメします。

ムラサキスポーツとコラボだったり、
リフト券プレゼントなど、
いろんなキャンペーンもやってるみたいですよ‼︎

文庫 恋のゴンドラ (実業之日本社文庫) [ 東野 圭吾 ]

価格:733円
(2019/10/17 21:13時点)
感想(3件)