街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

新作ゲーム

こんにちは‼︎
シタッケでございます。

花粉症のため、
マスクを“鼻栓を隠すための道具”として利用しています。
このままマスクの欠品が続くと、
鼻栓を隠すことができないので、
かなりピンチですww

そんなわけで、
『ペルソナ5スクランブル』の攻略を始めてから、
ついに3日目になります。

IMG_3657


1日目はこちら
2日目はこちら

3日目になりまして、
ゲームの操作やシステムにもかなり慣れました。

今回のペルソナの舞台は日本全国になるはずです。
2日間をかけてやっとのこと渋谷編(勝手にネーミング)を、
クリアすることができて、
お次は仙台編(これも勝手にネーミング)に突入していこうと思います。

昨日も書きましたが、仙台の街並みも忠実で、
ほんとに観光気分にもなることができます。
今度の敵は、
ライトノベル作家の“夏芽安吾”。
こいつも、人の心を操って自分の本を買わせたりしているなかなか嫌なやつ。

結論から言いますと、
こちらも時間がかかるストーリーで、
3日目での攻略はできませんでした。
楽しめる時間が増えるのはいいことですが。。。

ストーリーの流れも渋谷編と変わりありません。

・ちょっと観光

・怪しいボスキャラみたいなやつ発見

・情報収集してボスキャラと確信

・異世界(ジェイル)に潜入して操作

・ジェイルの謎解きと攻略←今ここ

・ボスキャラ発見(多分)

・予告状を出す。(多分)

・ボスと対決(多分)

おそらくこの流れでしょう。

ここにきて、
妙に敵が強くなってきた感じがあります。
少しレベル上げをした方が良さそうなポイントですね。


そんな感じで、
3日目はレベル上げでかなり時間を使ってしまったので、
ほとんどストーリーを進めることができませんでした。

さらに、睡魔に襲われながらのプレイでしたので、
そこまで捗りませんでした。(知らんがな)

この遅れを取り戻すために、
ノンアルコールでのプレイを心がけようと思ってます。(自身はない)


それではまた。



ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 通常版 PS4版

価格:8,228円
(2020/2/23 11:50時点)
感想(5件)




 

こんにちは‼︎
シタッケでございます‼︎

今回は、
発売したばかりのゲームソフトの攻略を、
日記のような形式で書いていこうと思っています。
ゲームの攻略と同時に、
感じたことなど日々書いていきます。

とりあえず初回はゲームソフトについて書きます。
次回からは攻略内容を書いていこうかな〜と。

そのゲームとは、

『ペルソナ5スクランブル』
IMG_3657



以下「ペルソナ5S」

ペルソナ5ってことは、
ペルソナシリーズの5番目の作品ってことは、
言うまでもないと思います。

プレイステーション4か任天堂Switchでプレイできるよ‼︎

ペルソナは簡単に言えば、
RPGの要素と育成シュミレーション要素が混じったようなゲームです。
日常の人とのコミュニケーションにより、
自分のペルソナ(召喚獣みたいな感じ)を強くしていき、
敵と戦って問題を解決していく流れ。
他のRPGと違うとこは、
人付き合いをうまくやっていかないと強くなれないってこと。
ここがハマってしまうポイントかもしれません。

さらに、
ペルソナ同士を掛け合わせ、
さらに強いペルソナを召喚することも可能です。

つまり、いろんなゲームの面白いところを詰め込んだ感じです。
まさに「ゲーム要素の宝箱や〜」‼︎

ペルソナはシリーズが新しくなるにつれて、
映像のクオリティや音楽なども完成度が増していて、
“ペルソナ感”みたいなのが確率してきています。

さてさて本題の、
『ペルソナ5S』
は「ペルソナ5」の最新作になります。
つまりペルソナ5を知らないと、
なんのこっちゃからのスタートになりかねません。

個人的には、ペルソナ5をプレイするか、
ペルソナ5のアニメ版を見てからプレイすることをお勧めします。

実は、
ペルソナ5Sだとバトルシステムが今までと異なるので、
もしかしたらアニメを見てからの方が、
すんなりプレイしやすいかもしれません。

詳しくは、
これからの攻略ブログにて書いてきます。

ではでは‼︎

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ 通常版 PS4版

価格:8,228円
(2020/2/21 11:24時点)
感想(5件)


【中古】ペルソナ5ソフト:プレイステーション4ソフト/ロールプレイング・ゲーム

価格:1,782円
(2020/2/21 11:25時点)
感想(12件)



 

↑このページのトップヘ