どーも、

シタッケです!

みんなは、
英語しゃべれますか??


私は、
英語が喋りたいと、スケートボードを初めてから、
ずーっと思っていました。


もちろん、アメリカに行きたい願望が
なんか強かったからです。
特に理由はありませんが、
本能でアメリカに行きたいと思っていました。
同じ気持ちの人もいるかと思います。


英語が喋れなくて不安な人に向け、

今回は、

『シタッケ流英語の学び方』

をご紹介します!

ぶっちゃけ,
たいした内容ではないのですが、
興味のある人は、
かるーく読んでみてください。

私はこれで、
英語でコミュニケーションが
とれるようになりました。


でも正直、学校ではあまり得意ではなかった科目。
なので、大人になってからちょっと勉強を始めたわけです。


そこで、私が感じた大事なポイントです。

【その1】学校の英語のテストで点を取る必要はなし。
【その2】発音とか文法とか細かいことは気にしない。
【その3】勉強するというよりも英語に触れること←ここ大事


では、簡単に解説します。

【その1】は英語のテストは英語でコミュニケーションをとることは
目的とされていません。
もちろんいい点を取るにこしたことはないですよww
分かりやすく言うと、国語の文法のテストで0点でも、
日本語でコミュニケーションとれない人なんていませんよね。
そーゆーことです。

むしろ、学校の勉強は確実に“やらされてます”
やらされている以上はあまり身にならないでしょう。
あくまでも、目的は、
“英語でコミュニケーションをとること”ですよ!


【その2】は、その1と似ていますが、文法とかはテスト用です。
例えば、お腹がすいたときに、
「私は、お腹がすきました。」なんていう人いませんよねww
たぶん、「腹減った~」とか「なんか食べたいな~」で、
充分通じあえます。英語もそんなノリで通じますよww
後、なんか英語の発音って、真面目にやると恥ずかしくないですか??
私もそうでしたが、少し恥ずかしかったです。
しかし、恥ずかしがると声が小さくなり相手に伝わりづらくなってしまうみたいです。


【その3】
具体的な習得術で役に立ったのが、
心の中で日常の会話を英語にしてみましょう!
最低よく使う言葉の単語は覚える必要がありますが。。
駅とかでも、英語っていっぱい書いてあるんで、
意識して読んでみたり、
アナウンスとか聞いてみたりすると、
身に付くと思いますよ!

とりあえず、
“英語に慣れること”が大事っす!



【まとめ】
思っていることを相手に伝えるためのツールとして、
英語とジェスチャーを使いましょう。
綺麗に英語を話そうと思うと、
たぶんなかなか大変だと思いますよ。
学校で教わるのではなく、
自分から学びたいと思ったものほど
身に付きますよ!

でもまあ1冊くらいは英語の本は買ってもいいかも(笑)

もし頑張っても身に付かなければ、
最悪google翻訳とかあるんで、
ご安心を(笑)

もっと答えるすぐに使える英会話 スーパー・ビジュアル [ ランゲージリサーチアソシエイツ ]

価格:1,728円
(2018/5/22 00:20時点)
感想(1件)



ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します!

エクストリームスポーツランキング