街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・刺繍作品、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

DJI

どーも、
シタッケです!


本日の2月28日~3月3日まで、
パシフィコ横浜で開催している、
カメラと写真映像のワールドプレミアショー
に行ってきました!


『CPplus(シーピープラス)』

IMG_2690[1]


イベント内容を簡単に説明すれば、
カメラ関係の超大型展示会です!

事前登録をしておけば、
無料で、並びなしで参加できましたよ!


私はスケジュール上、
初日の28日の1日だけ参戦してきました。

これから行く人や、
今後行きたいと思う人は、
参考にしてみてください。


では、
今回のCPplusを見どころをご紹介します!


・最新カメラが色々見れます!

展示会なので、
直接買うことは出来ないのですが、
沢山の新しい機材など沢山見れます。
特に、大手メーカーのブースは
かなり賑わっていて、
並ばないとカメラなど見れない状態でした。


・プロカメラマンのトークやテクニックが聞けます!
時間帯によっては、
イベントが開催されています。
プロカメラマンの写真の撮り方の講座や、
いろんな写真の解説なども聞けます。
これは貴重な体験かもしれません。


・ノベルティーグッズも貰えるぞ!

各ブースでは、
アンケートなどに答えると、
その場でノベルティーグッズが貰えますよ。
アンケートはとっても簡単で2~3分程度で終わります。
ちなみに私は、
ステッカーやらポーチやらゲットしました。


ざっとこんな感じでしょうか!
ちなみに個人的に面白かったブースは、

・SONY

IMG_2688[1]



スケートセクションがあり、
スケーターの動きを最新カメラで撮影出来ます。


・RICOH

IMG_2681[1]


これから人気が出てきそうな360°カメラが沢山展示されていました。
VR体験コーナーも混雑していました。


・DJI

IMG_2684[1]


ドローンを操縦するスペースがありました。
ですが、カメラ好き=ドローン好きというわけではないようです。
ジンバル機能搭載の商品が注目されていました。


【おまけ】

同じ会場の別フロアでは、
「中古カメラフェア」というのも開催してました。

IMG_2678[1]


カメラ用品の中古市場ですね。
こちらでは中古のカメラなどが販売されていて、
お買い物が出来ます。
掘り出し物など沢山あるらしく、
すごい人で混雑していました。

カメラの相談なども気軽に出来ますので、
こちらのカメラフェアも是非行ってみてください。

私も中古のレンズを探してみましたが、
すでに完売状態でした(*´Д`)
もっと早く行けばよかったと後悔していますww


どーも、
シタッケでございます!

今回は、
愛用のドローンの、
Telloが故障してしまったのかもしれないって話を!

IMG_2287[1]


タイトルで分かるとは思いますが、
結果的には故障なんてしていませんでしたww


とある休日、
海沿い(まあまあ風吹いている)とこで、
ドローン飛ばしてたわけなんですよ!

最初の方は、
いつも通り普通に飛んでたわけなんですよ!

そしたら、急に風が強くなり、
ドローンが飛んでってしまいそうになったんで、
慌てて強引に下降させました。
通常は着陸ボタン押すんだけど、
その時は、コントローラーの下ボタン押して、
着陸させたんです。
やや乱暴な着陸。。。。

そして、次に飛ばそうとしたら、
全くプロペラが回らない。。。。。

以下の点は確認しました。

・残り電池量
(一応新しいのに交換しました)
・スマホとのWIFI状態
・コントローラーとのBluetooth状態


特に異常はないのですが、
まったく動かなくなってしまったのです。

その時、
故障について調べたんですが、
色々な故障があるようです。

・コントロール不能で、
上昇し続けてしまう
オーバーヒート

・本体の温度が高くなってしまい、
電源が自動でOFFになる

・アップデートが完了していないと
飛行しない


などなど、
調べると沢山故障の原因があり、
怖くなってきちゃいます(*´Д`)
また、修理も海外メーカーなので、
時間がかかり、
なかなか面倒くさそう。。。


Amazonで
もう一機買ってやろうかなと
頭をよぎった時に、
ダメもとでもう一度飛ばしてみようと思い、
操作したところ、
今までピクリとも動かなかったドローンが、
正常に動き始めました( ゚Д゚)

。。。今までのは何だったんだ。。。。

つまり故障かと思いましたが、
故障してなかったってしょうもないオチになってしまいました。

ちなみに、
寒かったせいか、
明らかにバッテリーの減りが早かったです!
5分くらいか持ちませんでした。

ちなみにバッテリー残が50%を下回ると、
Telloのドローン一発芸である、
“フライトモード”が出来なくなるので
ご注意ください!!!

夕方くらいの寒い時間は、
バッテリーの減り具合も気にした方がよさそうです。


【まとめ】
突然の動作不良のおかげで、
いろんな故障があることを知り、
とても為になりました!
故障のリスクも考えながら、
飛ばすことも大事だと感じました。

皆さんも自分のドローンの故障について
調べてみても良いかもしれません!
かなりテンション下がりますが、、、

最後まで読んでいただきありがとうございました!

DJI Tello フルコンボ ドローン Ryze 航空法規制外 スターターキット GameSir T1d Controller 専用コントローラー TELLO専用ケース 収納ケース

価格:18,000円
(2019/1/30 21:49時点)
感想(1件)



どーも、
シタッケです!


私が使っているトイドローンの
「Tello」には、
アクロバットな飛行が簡単に出来てしまう、
“フライトモード”っていうのがあるのですが、
早速使ってみたので、
レビュー書きますね!

『Telloのフライトモードについて』

IMG_2229[1]


普段は、
写真撮影をメインに使っておりますが、
ドローンの動きの面白さを確認したくて、
“フライトモード”っていうのを使ってみました。

IMG_E2384[1]


フライトモードを簡単に説明すると、

ドローンの一発芸って感じでしょうかww

ボタン一つで
決まった動きをしてくれるやつです。

パターンは、全部で6種類あります。

・Thow&GO
機体をトスすると、その場でホバリング。

・8D Flips
画面上で8方向にスワイプすると、その方向に宙返り。

・Bounce
0.5~1.2mの間をバウンスしながら自動飛行。

・Circle
円を描きながら、ショートムービーを撮影。

・360
その場で360°回転しながら、ショートムービーを撮影。

・Up&Away
後方に上昇しながら、ショートムービーをを撮影。

以上になります。

大きく分けると、撮影系と
アクション系の2つに分かられますね。

使った感想は、

正直いらねwww
(*´Д`)

宙返りとかするのは、
最初は感動しましたが、
ボタン一つで簡単に出来てしまいすぎて
見なれると面白いものではありませんww

撮影系の3種類は
かろうじて使える感じはしますが、
正直、自分で操作できるので。。。。
ドローンの操作が苦手な人は、
使えるかもしれません。

私が考える使い道としては、
おそらく、
始めての人にドローンを見せる時。
ではないでしょうか??

たぶんドローンを初めてみる人にはウケがいいと思います。
軽く自慢してやりましょうww


【まとめ】
トイドローンの「Tello」はかなり優秀です。
そのドローンの1つの機能である、
“フライトモード”について解説しました。
実用性がある機能ではありませんが、
ボタン一つで自動で動くなんて、
とってもすごいですよね。

このフライトモードが役に立つときは、
ドローンをみんなに自慢する時でしょうかね~
ドローン仲間を増やしたいときとかに、
役に立つかもしれませんww

そして、ドローンの操作が苦手な人は、
是非ご活用ください(^^♪

新発売 Ryze Tech Tello Powered by DJI

価格:12,800円
(2019/1/24 22:29時点)
感想(18件)







どーも、
シタッケです!

最近、ドローンの撮影に
出かける日々を送っています!

どこかいい撮影スポットがあれば、
誰か教えてくださいww

さて、今回書くのは、

『トイドローンにもあるリスク』

いつもは、
ドローンの良さを伝えようと、
努力しておりますが、
みんなに後悔してほしくはありませんので、
ちゃんと悪いとこも書きますよ!

綺麗な写真を撮る裏側には、
リスクもつきものですし、
失敗談や危ない話は、
意外と購入前の人の耳には
なかなか入りずらいものです。


ドローンをお持ちの方は共感してください!
お持ちでない方は入手前に
ぜひ知っておいてください!

ここからは、
体験をベースに書いていきます。

ドローンは200g以上のものには、
航空法が適応されるようなので、
飛ばすには、申請などが必要になります。

私が使っているドローンは、
200gより軽いので、
一般的に、“トイドローン”と呼ばれる、
比較的扱いやすいドローンです。

法律面は別として、
トイドローンにもリスクがあるものです。

・墜落のリスク

これはどのドローンにもつきものですが、
いくら軽いとはいえ、
落として人にあたってしまったら、
大変です。
たぶんケガします。
いや、絶対ケガします!

私が考えている、
気をつけるポイントは、
操作ミス、予期せぬ風、バッテリー残、干渉トラブル
って感じでしょうか?
あとは木の枝だ!!

以上のことに気をつけてください!
たぶん他にもありそうですが。。。

・紛失のリスク

これは、絶対経験しますよ!
ドローンは思ったよりも遠くまで飛ぶので、
肉眼では見えなくなるくらい小さくなってしまいます。
たぶんLEDとかで光らせても、
見えなくなっていまいます。
このせいで、
川や海に落としてしまう危険があるのです。
カメラ付きのドローンの場合、
カメラ映像を見ながら操作することが
出来ますが、
そこにもリスクがあります。
またまた“木の枝”です。
カメラ映像だと、
細かい木の枝とかに気づかないのです。
たかが木の枝でも触れてしまえば
ドローンは落っこちてしまいます。

私も撮影するたびに、
失くしそうになりヒヤヒヤすることは
しょっちゅうです!

なんかそろそろ失くしそうですww
冗談抜きでww

失くしそうな時には、
もう1つ買おうかな~とか、
今日Amazonで頼んだらいつ来るのかな~とか
が頭で即座に考えてしまうのです!

自分がドローンにハマってるなって、
実感できる瞬間でしょうかねwww


【まとめ】
綺麗なドローン写真の裏側には、
リスクがあることがお分かりいただけたと思います。

ドローンを飛ばしたことがない人には、
伝わりづらいと思いますが、
これらは事実です。

トイドローンは気軽に飛ばせるドローンですが、
危険性も考えられますので、
人の迷惑にならないように飛ばしましょう。

ドローンに関するルールは、
まだまだ曖昧なとこが多く、
完成されていないのが現状です。
もしかしたら、
もっと厳しいルールになる未来も予想出来ます。

リスクもしっかり考えて、
ドローンを楽しみましょう!

これから買おうとしている人は、
参考にしてくださいね(*^-^*)

DJI Tello フルコンボ ドローン Ryze 航空法規制外 スターターキット GameSir T1d Controller 専用コントローラー TELLO専用ケース 収納ケース

価格:18,000円
(2019/1/19 01:05時点)
感想(1件)




こんにちは。
シタッケです!

自身2代目のドローンを購入いたしました。

今回は買ったのは、
あのドローンでお馴染みの、
「DJI」がプロデュースのモデル、

世界一楽しいドローンを作るという、
想いを胸に設計されたもの。

『Tello(テロー)』


IMG_2181[1]


でございます(*^-^*)


価格は、お店によって若干差がありますが、
だいたい¥13,000+TAXくらいでしょう!
オプション付きなどもあり、
セットの価格になっているものもありました。


私が買ったのは、
本体+バッテリー×3+プロペラガード
のセットになります。


使ってみた率直な感想は、


「初心者に最適かも!」


これはホントです。
ドローンの価格は様々ですが、
便利になるほど高くなっていきます!

数十万なんてのもあります。
趣味とは言え、
5~6万円でもなかなか手が出ませんww


かといって、
私が以前買った¥3,000くらいのモデルは、
操作も難しく、カメラは付いていません。
購入した時の記事は 
↓↓↓
こちら

もちろん操縦する楽しさはあるのだけれど、
やっぱり撮影とかしたい!
って感じでした。


で・す・が・・・

この「Tello」は、

安価で、
簡単な操作性
さらにカメラ付きという

ドローンを楽しむ要素が、
全て入っています。


もちろん、
規制対象外である200gより軽いです。
約80g(バッテリー含む)なんです!

早速、広場にてプレイしてみました(*^-^*)


IMG_2187[1]


「Tello」の操作は、
スマートフォンとBluetoothでつなぎ行います。
つまり、スマホがプロポの役割になるわけです。
ちなみに別売りで、
スマホと取り付けるコントローラーのようなものもあるみたい。
(たぶんこっちのが操作しやすいでしょう)


画面があると結構便利で、
風の強さなども表示されますので分かりやすい!
ホバリング(空中で安定させること)も簡単です。
というかほぼ自動です。

車で言ったらオートマ車って感じでしょうか。

バッテリーの持ち時間は、
約13分と言われています。

一応バッテリーは3つ用意しましたが、
2つくらいあれば十分な気もします。。

お次は、
カメラの出番です!
ドローンのカメラって結構画素が良くて、
なんと、500万画素。
最近は4Kとかもあるみたいなんですが、
スマホで見たり、
友達と共有するといった、
趣味の範囲であれば十分でしょう(*^-^*)

飛行が安定しているので、
カメラの撮影もしやすく、
スマホの操作で、
簡単にシャッターもきれます。


こんな感じで撮れます!

PCYG2216[1]


これがあればめちゃくちゃ楽しめますよ!


褒めまくっても、
なんかセールスマンみたいなので、
個人的に感じたデメリットも書きましょう。

カメラが固定です。
つまり、上空から見下ろしたような画像が撮影できません。

価格的には、しょうがないのかもしれません。

お次は、やっぱり風に弱いwww
これはもう仕方ないのか。。。
でも、以前買ったトイドローンよりも風に流されなくなった気がします!


画素数のせいか、動画は、
やや粗くなってしまうかもしれません。
ドローン購入にあたっては、
動画メインなのか、
静止画メインなのか、
最初にざっくりと決めておくのもいいかもしれません。
やっぱり、
飛行はそこそこ安定するのですが、
弱風での動画撮影は、
やっぱり難しく感じました!
(1/5追加)

仕事とかで使う人は、
また別な話になると思いますが、
趣味の観点で見ればかなり優秀だと感じました。


【まとめ】
・最初に買うドローンで迷ったらTelloはオススメ。
・価格的に見ても買って損はしないはず。
・ラジコンみたいに操作したい人には少し物足りません。
・予備のバッテリーがあれば安心。
・趣味の範囲であれば、500万画素でも平気。
・仕事にするならもっと高性能なものを選んで、
プロっぽい画が必要かと。。。


みんなでドローン飛ばして遊びましょう(*^-^*)
気づいたことなどは、
定期的に書きこんで、
この記事をアップデートしていきます。
更新するんでよろしくお願いします。


Tello Boost コンボ(損害賠償保険付)

価格:13,500円
(2018/12/21 13:23時点)
感想(0件)





↑このページのトップヘ