街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

SKATEBORD

どーも、
シタッケです!

2019年になり、
スケートボードのブログ書かなきゃ!
って思うので、
書きますね!

テーマは、

『2019年からスケートボードを始めようとしているみんなへ』

IMG_0722


新年になるとなにか始めたくなるものですよね!
スケートボードを始めようってことを
思っている人も多いのでは??

少しでも、
そのあと押しになればいいなと思い、
こんなテーマで書いてみたよ!


みんなが、
始めたくなるように、
スケートボードについて、
私の考えと楽しさをまとめたぞ!

【その1】
・年齢なんて関係ない!


始めるのに年齢を気にしていてはいけないんだ!
もちろん、若ければ、
体も動くし、ケガも治りやすい。
スケートする時間も増やせて、
どんどん上達するわけ。
うまくなれば楽しいに決まってるよね!

でも、年をとってからでも遅くはない。
何も、上手に滑ることがすべてではないのだ。
それ以外にも楽しさが沢山あるのです。
ケガとかするとキツイけどねww

【その2】
・仲間を増やせば楽しさ倍増!


スケートって不思議なもので、
一人で滑っているときよりも、
みんなで滑っているときのが、
楽しく、沢山練習出来るんだよね。
これはやってみればわかる。
ってことで、
沢山スケート仲間が増えれば、
どんどん楽しくなるわけ。
ここでも、
上手とか下手は関係ない。

【その3】
・スケート文化を楽しもう!


ここも大事!
スケートボードは、ファッションや音楽にも
深く関係しているので、
このジャンルを楽しむのも
スケートボードの醍醐味でもあります!
やっぱりスケートブランドの服とかって、
着ている人少ないし、
カッコイイデザインも多いので、
好きなスケーターの着ている服とか真似すると、
気分が上がるってものです(^^♪
スケートを“SK8”って略すのも文化ですね!


ざっとこんな感じで書きましたが、
もっとスケートボードを始めると、
いろんな楽しいことや文化の出会いが待っていますよ!


【まとめ】
まずはスケートボードを入手しましょう!
話はここからです!
なにを買ったらいいか分かんない人は、
近くのスケートショップに行ってみましょう!
ネットで買うのもアリですが、
まずは、ショップスタッフを仲間にして、
相談しながら買うのが失敗しなさそうだと思います。

大事なことは、
うまく滑れなくても楽しめる要素は沢山あるってこと。
仲間が増えてきて、
楽しく滑っていれば、
だんだん上手になってくるものです。

スケートボードってのは、

うまくなってから楽しくなるのではなく、
楽しくなってからうまくなっていくんですよ!

2019年からスケートボードを始めてみようと思っているみんなに
読んでいただき、
スケートボードを始めてくれたら、
私は嬉しいです。
是非、一緒に滑りたいですね(*^-^*)


最後まで読んでいただきありがとうございます!
楽しい2019年にしましょうww













こんにちは!
シタッケです!

またまた暇な時間を持て余し、
スケートボードについて書こうかと。
この前、書きました、
未来予測的な感じです。

今回は、

『スポンサー必要?不要?論』

最近って、
“クラウドファインディング”や、
“polca”、などなどの仕組みを使えば、
応援したい人にお金が集まる環境が、
昔に比べて沢山あるんです。
みんなのお金の使い道が少しだけ変わりつつあるのです。
言いかえれば、
頑張っている人は、
“応援されること”が出来るわけです。

さて、本題へ!

皆さんお気づきかもしれませんが、
スポンサーの在り方がここ数年で少し変わってきた気がします。
私は、
“本来は、ブランド(メーカー)が、
スケートボーダーを物品支給などで、
スケートボードをする環境を支えること。”

その対価として、
“スケートボーダーがスポンサー側の利益になるように、
スケートボードを通して、
ブランドや商品の宣伝または広告になることをすること。”

だと思っていました。

しかし、近年は、その考え方が時代のせいか、
変化してきていると個人的に感じています。
あくまでも個人的にですが、、、

スケーターのスポンサーへの目的が、
ステッカーがボードに貼れる、
物品をタダでもらいたい、
自分のステータスが上がる、
などなど。
つまり、自分のためのスポンサーであり、
スポンサーへの貢献度があまり考えられていないような気がします。。
しかも、契約とかって、
いろんなルールとかもあって、
大変そうです。。。

何書いてるんだよ?
って思う人もいるので、
ここで、例を一つ上げましょう。


これは、よくある話なのですが、
テレビCMってみんな見ないですよね。
私も見ません。
これって、スポンサーをしてもらっている側である、
番組の作り手が、
いいタイミングで、「続きはCMの後で」みたいな感じにして、
早くCM終われ的な空気出すんですよww
つまり、この演出で、せっかくお金払っているのにもかかわらず、
CMが見てもらえない悪循環に陥ってしまいます。
これってなんかすごーく寂しいですよね。


スケートボード業界の、
スポンサーの関係が、
このような冷めたものにならないように、
私は願っています!

スポンサーは、簡単にサポートせず、
スケーターは、スポンサーをもらうことを目的とせず、
スケートボードを純粋に楽しみましょう!

スケートボードが上手ってのは大事ですが、
人間性でサポートをもらうってのも大事だと思います。
特に若い人は、
人との信頼関係をうまく築き上げることに、
重点をおき、
魅力ある人間を目指しましょう!

賛否は沢山あると思いますが、

なんてことを思う、
今日この頃でございます。

長々と偉そうにすいません。。。
最後まで読んでいただきありがとうございます。


ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します。

エクストリームスポーツランキング

どーも、シタッケです!

皆さんスケートボードしてますか?
花粉に負けずに頑張りましょう!
さてさて、気温も上がりだんだんと過ごしやすくなってきましたね。
そんな時は、クルーザーで快適に移動してみるのはいかかでしょうか?

クルーザーとは?
基本的には、ソフトウィールという、やわらかいタイヤを装着した、
スケートボードのことで、
主に、移動用として使います。
ウィールについてはこちらのブログを。
【ウィールの選び方】

ちなみにクルーザーのデッキは、
基本的には何でも良しです。
あえて選択肢を付けると“大きい”か“小さい”のどちらかですね。
大きければ安定した乗り味になりますが、
持ち運びがしにくいといったデメリットもあります。
小さければやや不安定になりますが、
とても、持ち運びしやすいのです。


ここで、クルーザーの人気ブランドをご紹介します。
ますは、“PENNY”です。知名度が高く、知らない方はいないのでは?
そして、もう一つは“GLOBE”です。
特徴はすでに説明した大きさにあります。

・PENNY
サイズは小さいので、持ち運びがしやすいですね。
あと、プラスティックで出来ているので、
デッキテープも貼ってなく持ちやすいです。
カラーも色々あって可愛いですね~

・GLOBE
PENNYよりは少し大きめな作りです。
素材はウッドが多めです、デッキテープでザラザラしますが、
グリップ力は抜群です。
デッキが平べったいので、ステッカーなども貼れちゃいます!
渋いデザインが多いのも特徴ですね。

価格はどちらのブランドも¥17,000~位でしょうか。
ちょっと高いなーと思う方は、
ソフトウィールだけ買って、
今持ってるスケートボードに付けるだけも、
クルーザーは作れますので、
是非お試しください!

ミニクルージングボード Penny ペニー COMPLETE CLASSIC 2016モデル コンプリートクラシック 22インチ EE E3

価格:15,984円
(2018/3/5 02:08時点)
感想(0件)


クルージングボード GLOBE グローブ BLAZER COCONUT BLACK EE G31

価格:18,900円
(2018/3/5 02:10時点)
感想(0件)


ブログランキング参加中です!
クリックお願い致します!

エクストリームスポーツランキング

どーも、シタッケです!

今回は、私のこれまでの経験をもとに、
自分なりに、練習方法以外の、
スケートボードの「上達の近道」を書いてみます。
スケートボードはなかなか難しく、
上達できずに辞めてしまう人も多いのが現状です。
これから、少しでも上手になりたい方や、
初心者の方に読んでもらい、
参考にしてもらえたら幸いです。

とりあえず、スケートボードの上達が早い人を見ていて、
私の思う大切な要素はこちら↓

・ほぼ毎日スケートしている
・動画をよく見ている
・好きすぎる憧れプロスケーターがいる
・デッキの交換頻度が早い
・意外と真面目でいい奴

以上になります。
私なりの解説をすると、
毎日スケートするということは、学生さんが理想ですね!
男の子は、高校生になると一気に大人の体になります。
なので、その少し前の中学生までには始めるのが良いかと。。。
もっと前でも、もちろん平気ですよ!
早いに越したことはありませんから!

そして、個人的に一番大事なのが、
好きすぎる憧れのプロスケーターがいること!
色々なスケーターを見ていると、
憧れのスケーターがいる人は一目でわかります。
洋服ごとそのまんま真似しているからです。
更に、動きや得意なトリックまでも真似したくなるのでしょう!
この「憧れ心」が上達には大切なのではないかと考えております。

後は、真面目な子ほどストイックに練習する子が多いです。
学校ではちゃんと勉強し、休みや、空いた時間はしっかりとスケートをする。

以上のことが、練習方法以外での、
上達の仕方だと私は考えています。
私も上達できるように日々頑張ります。

といっても、スケートボードは必ずしも、上手だから楽しいというものではなく、
楽しくて続けていたら、気づけば上手になっていたというパターンが多いです。
沢山仲間を増やし、楽しめる時間を増やしましょう!



ブログランキング参加中です!
クリックお願いします!

エクストリームスポーツランキング

どーも、シタッケです!

平昌オリンピック盛り上がっていますね!

実は、2020年の東京オリンピックにて、
『スケートボード』が正式種目に選ばれたのは、
皆様ご存知でしょうか?

この決定に、賛否両論分かれてしまっているのが現状です。

個人的な意見としては、
賛成も反対も、もう決定事項なのでどーしようもないという見方をしています。

僕なりに良い点と悪い点を考えてみました。

《良い点》
・人気が出る ・マーケットが盛り上がる
・メダル獲得という目標が出来る
・一般人への認知度アップ

《悪い点》
・ルールが厳しくなる ・スケートはスポーツと呼んでほしくない
・スポーツブランドが参入し、スケートブランドが縮小してしまう
・ジャッジに対しての明確な基準がない

などなどでしょうか?


簡単にまとめると、オリンピックは、
スケートボード業界の歴史で、
最も大きいビジネスチャンスなのです!

つまり、儲けるチャンス(得をする)を感じている人たちは、
賛成をしていて、
特にそのことを感じずに、純粋にスケートボードを楽しんでいる人たちは、
反対をしているのではないでしょうか?

【まとめ】
スケートボードは、かつては不良のやる遊び、
カウンターカルチャーと呼ばれるものでした。
しかし、今は良い子も楽しく出来る、健全なスポーツと化しています。

ライフスタイルとしてみている人達にとっては、
自分たちがスケートボードやる環境が悪くならない限りは、
オリンピックの正式種目への賛否などは、
どーでも良いことではないでしょうか?

これからは、たぶん色々な問題が出てきますが、
スケーターの皆さんは、細かいことは気にせずに、
スケートボードを楽しみ続けましょう!


私も、皆様にスケートボードの楽しさを伝えられるように、
ブログを書いていきます。
もちろん、オリンピックも楽しむつもりです。




ブログランキング参加中です!
クリックお願いします。


エクストリームスポーツランキング

↑このページのトップヘ