街の迷彩

スケートボーダーである管理人のシタッケが、独自の目線で、VR、読書・アニメ・仮想通貨について、体験やオススメ、感想など発信するブログです☆

VR

こんにちは‼︎
シタッケです‼︎

簡単な仕事を後回しにしてしまうことが、
『ディヘイの法則』というカッコイイ名前が付いているので、
是非、みんなに使ってほしいと思っています。


さて、
外出自粛の最強の味方であるVRゲームの、
『BEAT SABER』に、
3月26日から新曲がプレイできるよになりました。

TIMBALANDの手掛けた楽曲ですね♪♪

IMG_3746



そこでBEAT SABERのインストールをするのですが、
これがなかなか出来ないってことで、
Twitterとかでも外人さんが呟いていました。

僕も昨日インストールしてみたのですが、
なかなか終わらないですよね。。

ちなみに使っているHMDは、
「Oculus quest」です。


何回かやり直しましたが、
数百KBしかダウンロードされませんでした。

そこで今回の本題に入ります。

インストールするためにまずやることは一つ。

『待つこと』

それだけかよって思いますが、
それだけでした。

BEAT SABERのインストールを開始して、
そのままスリープ状態(電源入れたまま頭から外す)にして、
待ちます。
その間、私は寝てましたww
(約6時間)

そんでもって翌朝、
Oculus questをかぶって確認したところ、
無事にインストールされてました。

おそらく HMD自体のアップデートもあるみたいなので、
4・5時間はかかるであろうと思われます。

そんなこんなで、
BEAT SABERのインストールは、
インストール中にHMDをスリープ状態にして、
数時間待つという方法で無事に終わりました。
という結末です。

これからは新曲プレイしてみますので、
プレイしたらレビュー書きますね‼︎
 

どーも、
シタッケでございます。

ギリシャ神話にどハマりしてますww

ここ最近、
VRゲームの「BEAT SABER」をプレイしていますが、
ちょっとずつ上手になってきましたので、
”コツ”的なものをこのブログに書いておこうと思います。

『BEAT SABER上達のコツ』

と言っても、
私も始めてから1ヶ月くらいなので、
まだまだなのですが、
エキスパートレベルもそこそこできるようになってきました。
最初はハードレベルでもキツかったっすww


紹介するコツは以下の3つ。

・ブロックの切り方
・音楽をよく聞く
・コントローラーにアイテムプラス


とまあこんな感じでしょうかね。

でわでわ、
一つずつ解説しますね。

・ブロックの切り方
BEAT SABERは音楽に合わせて、
前からくるブロックを剣で切っていきます。
ブロックを切るときは、
切り始めの剣の角度と、
切り抜き具合がポイントに影響するようなんです。
つまり振りかぶりバッサリと切り抜くことにより、
高スコアに繋がります。
ちなみに意識するだけでも違いが出てくるはずです。
手首とか使うと、
速い曲でも対応出来ると思いますよ。


・音楽をよく聞く
忘れちゃならんのが、
リズムゲームってこと。
音楽を聞いてリズムに合わせるってことが重要。
ブロックを切るのに集中しすぎて、
ついついリズムに乗るのを疎かにするといいスコアは出ません。
踊るようにプレイしましょう。
BEAT SABERのサントラも出ていますので、
普段から曲を聴くのも良いかもしれません。


・コントローラーにアイテムプラス
oculusquestのコントローラーにはストラップが付属していて、
それを手首にはめてプレイしますが、
いまいちしっくりこないんですね。
そこで、ネットサーフィンしてて見つけたのが、
マジックテープ式のストラップ‼︎
こんなやつ↓↓

IMG_3593


マジックテープのストラップだと、
しっかり手に固定できるので、
コントローラーを振りやすくなります。


【まとめ】
たくさん練習するに越したことはありませんが、
ちょっとしたコツで上達のスピードは格段にアップすると思います。
なかなか上達しない人はとりあえず試してみてください。

私もまだまだ練習中なので、
上記以外のコツや上達方法があれば教えて欲しいですww

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

こんにちは!
シタッケです!

またまた、
VRアプリをご紹介してみますww

皆さん、
今の時代、
仕事と遊びの境界線がなくなりつつあることは、
ご存知でしょうか??
いい意味で。。


つまり、

遊びのような仕事、
仕事のような遊び
ってことなんです!!

では、今回も、
VRのアプリをご紹介いたします!

『ワンオペ VURGER』


IMG_2082[1]


こちらは、ハンバーガーを作るお店に、
一人で勤務するという、
ワンオペレーション。
いわゆる“ワンオペ”をVRで体験出来てしまうというアプリになっていますww


操作方法は、顔でいろんな方向を見ながら、
片手のみのコントローラーで行います。
そして、お客様の、
ご要望のハンバーガーを作るという内容です。


まず工程は、

①パンを焼く
②パティ(肉)を焼く
③パンにパティをのせる
④チーズやトマトなどのトッピングのせる
⑤お客様に提供する


以上でございます!!

IMG_2083[1]


私がやってみて、

簡単な感想をお伝えすると、


“めっちゃ忙しい”


ゲームの領域わ超えている可能性があります。


お客さんがたくさん来ると、
かなり焦りますし、
操作ミスも多くなりますww

更に、首も動かしながら、
手も動かずので、

かなりの疲労が・・・


これは、遊びというか
もはや仕事ですねwww
時給貰わないとわりに合いませんww

私はイージーモードでやりましたが、
いっぱいいっぱいでしたww
上級者モードはいったいどれだけ忙しいのでしょうか??


【まとめ】
ワンオペはゲームの世界でも大変です。

VRのゲームで、首を振ったり、
腕を動かすのは、
かなりの疲労度があります。

よーく考えてみたら、
この疲労度なら、
普通にハンバーガー屋でバイトでもした方が、
割に合いそうですwww

つまり、社会人を私からすると、
仕事が終わってから仕事するみたいな、
謎のライフワークになってしまうわけですww

どーも、
シタッケです!

今回もoculusGoで遊んだ、
VRアプリをご紹介!



『EPIC ROLLER CORSTERS』

IMG_2023[1]

IMG_2024[1]

現実ではありえないような、
世界をジェットコースターやトロッコで滑走するという
VRならではのアプリなんです!

無料で楽しめるステージは、
2ステージあり、
恐竜の世界を進んで行くやつと、
ディズニーランドのビックサンダーマウンテンのような、
ジェットコースターのやつです!

どちらも面白いです!


普通にジェットコースター乗ってるのと一緒なんです!
(風がないだけww)


走行中には、
自撮り機能もついてますので、
自分のアバターですが、
しっかり撮影出来ます。
コントローラーでシャッターがきれるので、

IMG_2025[1]


oculusのスクリーンショットよりも撮影しやすいですよ!

さーて、問題は、
あまりにもスリルがありすぎるので、
注意が必要です!

そうです、
“VR酔い”です!

かなり、本物のジェットコースターに近いので、
胃のあたりがもやもやしますww
なので、数回乗っただけでも酔ってしまいます。

お酒飲みながらのプレイは、
間違いなくアウトでしょうねww
お気をつけくださいww


っとまあこんな感じのアプリも登場し、
どんどん自宅で、
いろんな体験が出来るようになってきています!

VR業界の進化は止まりませんね~

こんにちは!

シタッケです!

10月8日に池袋の、
サンシャインシティで開催された、
技術版の同人誌??
の販売会のようなイベントに行ってきました!


『技術書典5』

IMG_1963[1]


ちなみに一般参加は無料なのです。

技術書典とは、
新しい技術に出会えるお祭りであり、
出展者はノウハウの詰め込まれた書籍を販売、
来場者は、この場所にしかない新しい技術書を探し求める、
といったイベントになっています(>_<)

今回で、第5回目のようですね。
私は初参加でした。

会場は、
池袋のサンシャインシティの広い室内でした。
雰囲気は、
夏にあった、
「コミックマーケット」通称“コミケ”の、
小規模バージョンといった感じです。

とりあえず、
技術書典内を一周回ってみました。
正直、私の知識を超えた書物が沢山販売されていることに、
ただ驚きでした(*´Д`)

本のジャンルで気になったのは、

・VR系
・プログラミング系
・アプリ制作系
・自作キーボード系


といった感じっす!

大体の本は¥300~¥1,000くらいの価格で、
書店でも販売されているような本は、
¥2,500くらいでした。

でも、いきなり本を買うのも嫌な人のために、
“立ち読み場”なるところもありました!
ここで、立ち読みして、気になる本を、
ブースに見に行くと、効率アップです!

IMG_1965[1]


私の戦利品としては、
VRゲームに関しての一冊をゲットしました!
この本の感想は、
後日、書きますねwww

IMG_1978[1]


【感想】
難しい本が沢山売られていましたが、
出展側の方たちの熱意と情熱が伝わってくるイベントでした。
朝から行った人は、
かなり並んで入場したような人気のイベントで、
今後は、もっと盛り上がりそうな感じでした!
そして、自分の未熟さも痛感しました・・・・


↑このページのトップヘ